スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | UP↑

個人的順位です

今年も、自宅に帰ってくるのが
遅くなってしまったので
今から、自分の中で個人的な順位
ある意味、一人『こすヨメ』を決めさせていただきます。

印象に残った作品といえば

『砂の栄冠』
『真昼に深夜子』
『悪の華』
『シュガーレス』
『オールラウンダー廻』
『坂道のアポロン』
『脳内ポイズンベリー』
『羣青』
『花もて語れ』
『へうげもの』
『ハチワンイバー』
『テルマエ・ロマエ』
『海街diary』
『3月のライオン』
『友達100人できるかな』
『木村くんは男ともだち』
『デストロイアンドレボリューション』
『拳奴死闘伝セスタス』
『グラゼニ』
『げんしけん二代目』
『鉄風』
『ぼくらのよあけ』
『一匹と九十九匹と』
『イコン』
『進撃の巨人』
『スピカ ~羽海野チカ初期短編集~』
『疾風伝説 特攻の拓 外伝 ~Early Day’s~』
『25時のバカンス』
『鉄楽レトラ』
『ドリフターズ』
『外天楼』
『血潜り林檎と金魚鉢男』
『失恋ショコラティエ』
『リアル』
『狼の口 ヴォルフスムント』
『となりの関くん』
『プロチチ』
『アゲイン!』
『ハンザスカイ』
『とある科学の超電磁砲』
『月光条例』
『宇宙兄弟』
『百舌谷さん、逆上す』
『ちはやふる』
『おおきく振りかぶって』
『羊の木』

今回も悩みましたが
あえて、今まで入れた作品は除外して決定させてもらいます。

どうしても、『3月のライオン』と『友達100人できるかな』
『リアル』は今まで読んできた経緯で
どうしてもこれで、3枠が埋まるんですよね。

今年読んできた作品の中で
残り2作品だけを選ぶのは
流石に、キビシいものがありますので
こういう選定の方法をとってみました。

1位 『疾風伝説 特攻の拓 外伝 ~Early Day’s~』
疾風伝説 特攻の拓 外伝 ~Early Day’s~(1) (ヤングマガジンコミックス)疾風伝説 特攻の拓 外伝 ~Early Day’s~(1) (ヤングマガジンコミックス)
(2011/09/06)
所 十三

商品詳細を見る


えー。まぁ。
肝心の本文感想も途中放置(笑)状態なので、あれなのですが。

やっぱり、打ち切りを繰り返す原作者と
まさか、オリジナルの絵を担当していたマンガ家が
再度タッグを組み、20年ぶりの新作をだすとは・・・

原作の中でも、独特の個性と存在感を放っていた
彼を主人公に据え

最初は爬虫類顔のナイフを多数持つ、単に危険なキャラクターだった
彼が、物語の中心に存在しだすと
原作者の思い入れもどんどん深くなったらしく
それに比例して、作画の方もどんどん美しくなり

最終的には、彼の呟く宮沢賢治のように
ある種、作中で、聖化まで起きてしまった程です。

自分の所属していた“獏羅天”というチーム内で
引き起こす我儘さ、飽きっぽさ
会長をボコって、“一人獏羅天”を名乗っちまう計算の出来なさ・・・

そこら辺を含めても
結局、この天羽“セロニアス”時貞が好きでたまらないんですよ!!
それにつきます(笑)

2位 『ぼくらのよあけ』
ぼくらのよあけ(1) (アフタヌーンKC)ぼくらのよあけ(1) (アフタヌーンKC)
(2011/06/23)
今井 哲也

商品詳細を見る

ぼくらのよあけ(2) (アフタヌーンKC)ぼくらのよあけ(2) (アフタヌーンKC)
(2011/11/22)
今井 哲也

商品詳細を見る

これと3位は本当に悩みましたが

ご近所(団地)SFから
きちんと宇宙にまで展開するスケールの大きさが
2巻できちんと完結している潔さ。

人間と宇宙船(二月の黎明号)
人間と人工知能を有するオートボット(ナナコ)。

彼らですら意志や友情を交わすことができるのに
これが人間同士になるとそうもいかないという皮肉さ。

ここの明暗が作品に深みを与えている気がします。

前作『ハックス!』もそうだったのですが
そろそろ、短期集中連載とかでなく
もう、長期連載を組んでもらいたいという、希望も含めて
この順位とさせていただきました。

3位 『花もて語れ』
花もて語れ 2 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)花もて語れ 2 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)
(2011/03/30)
片山 ユキヲ

商品詳細を見る

花もて語れ 3 (ビッグ コミックス〔スペシャル〕)花もて語れ 3 (ビッグ コミックス〔スペシャル〕)
(2011/09/30)
片山 ユキヲ、東 百道 他

商品詳細を見る


この作品は、すべての世代の方に読んでもらえる普遍性があります。
主人公のハナと満里子、彼女たちの友情の美しさ、純粋さ。
“朗読”というものから
本当にここまで世界が広がるかわかりません。

でも、著者の描く“絵”そして、新たな“解釈”によって
物語が全く別の姿を見せる。
この驚き。

次巻ではヒロイン二人の関係を揺るがすような
出来事が起こりそうですが

どんなに大変なことがあっても
それを糧にまた彼女たち成長してくれそうなところにも
期待しています。


4位 『宇宙兄弟』
宇宙兄弟(13) (モーニングKC)宇宙兄弟(13) (モーニングKC)
(2011/03/23)
小山 宙哉

商品詳細を見る

宇宙兄弟(14) (モーニングKC)宇宙兄弟(14) (モーニングKC)
(2011/06/23)
小山 宙哉

商品詳細を見る

宇宙兄弟(15) (モーニングKC)宇宙兄弟(15) (モーニングKC)
(2011/09/23)
小山 宙哉

商品詳細を見る

宇宙兄弟(16) (モーニング KC)宇宙兄弟(16) (モーニング KC)
(2011/12/22)
小山 宙哉

商品詳細を見る


色々なマンガ紹介本でも上位に登場するこの作品。
正直、わざわざ今更・・・という気もしないではないのですが

特に、この作品の最近の出来は凄いです。
もう、場面の見せ方から、読者の感情の振るわせ方
巻を増すごとに、本当にどんどん上手くなっていっています。

今回、特に16巻での主人公たちの葛藤と
それを、どう乗り越えるのか。

甘いと言われるかもしれませんが
少しの感情のもつれが、それが命にかかわるミスにつながるであろう
宇宙飛行士という仕事。

その過酷な環境の中で生き残るために

選ばれる為には、他人を蹴落とせばいいのか。
相手の欠点、失点を指摘すればいいのか。

パイは本当に限られているのか?

そこで、主人公のとった行動とは?

ただ、今年は、『月光条例』も12巻~14巻までなら
思い入れがあるのでこの順位も変わっていたかもしれません。

(15巻がなぁ・・・)

5位 『脳内ポイズンベリー』
脳内ポイズンベリー 1 (クイーンズコミックス)脳内ポイズンベリー 1 (クイーンズコミックス)
(2011/05/19)
水城 せとな

商品詳細を見る

この順位も
『一匹と九十九匹と』か『イコン』
あるいはインパクトのあった『血潜り林檎と金魚鉢男』
『25時のバカンス』

『鉄楽レトラ』あるいは『外天楼』のような作品か
迷ったのですが。

普通の恋愛を描いているようで
全くそうじゃない。
コメディのようで、そうじゃないところも垣間見える
一筋縄でいかないところが魅力的でした。

あとは、著者の(自己の登場人物のはずなのに)、
女性をみる視点の鋭さ、容赦のなさが気持ち良いです。

次点 『羊の木』
羊の木(1) (イブニングKC)羊の木(1) (イブニングKC)
(2011/11/22)
いがらし みきお

商品詳細を見る

これは、昨日読んだ作品なので
ちょっと、時間を置きたいというのか
冷静になって考えたいというのが、正直なところでした。

しかし、1巻中盤から後半にかけて
作品からかもたらされる不穏さ。
そして、生理的にくる拒否感と怖いものみたさが
入り混じった不思議な感覚は
今までにあまり、感じたことのないものでした。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

23 : 55 : 00 | こすヨメ関連 | TB(0) | Comment(2) | UP↑

『こすヨメγ'11』の自分の投票する順位です。

大雪のお陰で、自宅に帰ってくるのが
予想以上に遅くなってしまい、去年以上に焦りながら   
『こすヨメ』に投票する順位を決定します。

『MOON』
『星は歌う』
『フリージア』
『マイガール』
『坂道のアポロン』
『スケットダンス』
『サマーウォーズ』
『風光る』
『ジャイアントキリング』
『百舌谷さん、逆上す』
『バクマン』
『ワンピース』
『テルマエ・ロマエ』
『シグルイ』
『海街diary』
『宇宙兄弟』
『アオイホノオ』
『ささめきこと』
『3月のライオン』
『響子と父さん』
『弑逆契約者ファウスツ』
『ハチワンイバー』
『月光条例』
『惑星のさみだれ』
『ちはやふる』
『ウツボラ』
『マギ』
『乙嫁語り』
『おおきく振りかぶって』
『ドリフターズ』
『とある科学の超電磁砲』
『のだめカンタービレ』
『高杉さんちのお弁当』
『ヴィンランド・サガ』
『狼の口 ヴォルフスムント』
『へうげもの』
『ジギルとハイドと裁判員』
『さよならも言わずに』
『シュトヘル』
『ゆうやみ特攻隊』
『君に届け』
『デッドマン・ワンダーランド』
『ピースメーカー』
『きのう何食べた?』
『ましろのおと』
『走馬灯株式会社』
『僕はビートルズ』
『木曜日のフルット』
『戦国妖狐』
『リアル』
『友達100人できるかな』
『よつばと!』
『ビリオネアガール』
『悪の華』
『失恋ショコラティエ』
『018-ラブエイティーン』
『1/11 じゅういちぶんのいち』

12月前半の時点では

1位『惑星のさみだれ』
2位『3月のライオン』
3位『進撃の巨人』
4位『狼の口』
5位『悪の華』
次点『バニラ・スパイダー』
ということになっていたのですが・・・

『018』と『失恋ショコラティエ』待ちで
考えていたのですが。

本当に、予想外というかダークホース的な
『1/11 じゅういちぶんのいち』が来たので

最終的な投票はこういう順位となりました。

1位 『惑星のさみだれ』(著)水上 悟志
惑星のさみだれ 10 (ヤングキングコミックス)惑星のさみだれ 10 (ヤングキングコミックス)
(2010/11/30)
水上 悟志

商品詳細を見る


本当に良い終わり方でした。
正直、最後の大きな伏線の回収にもびっくりしました。
あそこまで予想を良い意味で突き抜けて
きちんと終わらしてくださった、著者に感謝です。

涙目になりながら、読み終わろうとして
10巻のサブタイトルを見て、また涙ぐむ有様です。

同著者の『戦国妖狐』もどんどん面白くなって来ているので
来年も楽しみです。

2位  『3月のライオン』(著)羽海野 チカ
3月のライオン 5 (ジェッツコミックス)3月のライオン 5 (ジェッツコミックス)
(2010/11/26)
羽海野 チカ

商品詳細を見る

この作品も、最後がすごく良くて。
ヒロインの一人、ヒナちゃんのセリフが
もう、泣けるわ、熱いわで
ぐっと胸を衝かれました。

そして、そのセリフから
今まで、どちらかといえば迷いの中にいた主人公が
ようやく、主人公である証を自ら決意した(ともとれる)シーンがあり
「よしっ!!」と感動させてもらいました。

3位 『1/11 じゅういちぶんのいち』 (著)中村 尚儁
1/11 じゅういちぶんのいち 1 (ジャンプコミックス)1/11 じゅういちぶんのいち 1 (ジャンプコミックス)
(2010/12/03)
中村 尚儁

商品詳細を見る

これは、本当にダークホースというのか
全く、知らない作家さんでした。

本来この位置に居るはずだった
文字通り、今年のマンガシーンを牽引したとも
言ってもいいあの『進撃の巨人』をおしのけて
今、読んで欲しい作品です。

それに『進撃』は誰か、入れてくれるでしょう、きっと。

4位『狼の口 ヴォルフスムント』(著)久慈 光久
狼の口 ヴォルフスムント 1巻 (BEAM COMIX)狼の口 ヴォルフスムント 1巻 (BEAM COMIX)
(2010/02/15)
久慈光久

商品詳細を見る

狼の口 ヴォルフスムント 2巻 (ビームコミックス)狼の口 ヴォルフスムント 2巻 (ビームコミックス)
(2010/10/15)
久慈光久

商品詳細を見る


まずは、1巻の序盤から
脳が、絵を、内容を理解しようとしない不思議な体験をさせていただきました。
一瞬、何が起こったのか分かりませんでした。

2巻でも予想のはるか上を行かれてしまい
唖然としてしまいました。

本当に内容は、人を選びますが次の巻が楽しみでなりません。
ただ、次巻の内容で本当に評価は変わってくると思います。

5位 『惡の華』(著)押見 修造
惡の華(1) (少年マガジンKC)惡の華(1) (少年マガジンKC)
(2010/03/17)
押見 修造

商品詳細を見る

惡の華(2) (少年マガジンコミックス)惡の華(2) (少年マガジンコミックス)
(2010/09/17)
押見 修造

商品詳細を見る


この作品も、表紙とか、あざといというか。
「狙ってんな~」とか思うのですが。

著者の言葉にもあるように
“この漫画を、今、思春期に苛まれているすべての少年少女、
かつて思春期に苛まれたすべてのかつての少年少女に捧げます”

行き場のない衝動を抱えている主人公たちが
解放される、2巻ラストは、必見です。

昔のヤングサンデーで連載していたような
問題作です。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

21 : 00 : 00 | こすヨメ関連 | TB(0) | Comment(0) | UP↑

今年も『こすヨメ'11(イレブン)』に参加させていただきます。

今年も“古本屋の戯言・営業日誌”主催・ヒロ様の
『このマンガが凄いから読め!(仮称)RC版・2011』
…略して『こすヨメ'11(イレブン)』に参加させていただきます。

いや~。それにしても
主催のヒロ様が
本家(笑)『このマンガがすごい』の"選者依頼"を
断わったエピソードはびっくりしました。

男の鑑だと思います(マジで)

今年は場所を
『このマンガが凄いから読め!(仮称)RC版・2011』…略して『こすヨメ'11(イレブン)』本会場で
行われることになりました。

(リンクを貼ってありますので、ご興味のある方、選者希望の方は
是非、ごらんになってください)

本当にこの企画のお陰で
色々な作品に触れるキッカケを頂いた気がします。

ありがとうございます。

(集計が本当に大変だと思うのですが・・・)

去年は、『ぼくらの 11巻』待ちで

年末の大掃除の最中にPCの前に座り
家内の冷たい視線を受けながら(笑)

ギリギリの投票だったので
今年は、余裕を持った投票を心がけたいと思います。
          ↑
(小学生の作文みたいな終わり方)

テーマ:お知らせ - ジャンル:その他

22 : 00 : 00 | こすヨメ関連 | TB(0) | Comment(0) | UP↑

『こすヨメγ'10』の自分の投票する順位を焦りながら考えてみる。

今年の記事を読み返してみますと

『家族ランドマーク』
『アオイホノオ』
『百舌谷さん逆上する』
『雨無村役場産業課兼観光係』
『GIANT KILLING』
『星は歌う』
『ミスミソウ』
『RIN』
『バクマン』
『お茶にごす』
『きのう何食べた?』
『ちはやふる』
『ハックス!』
『空色動画』
『3月のライオン』
『ぼくらの』
『宇宙兄弟』
『ささめきこと』
『聖☆おにいさん』
『弑逆契約者ファウスツ』
『シグルイ』
『阿房列車』
『坂道のアポロン』
『月光条例』
『春期限定いちごタルト事件』
『PLUTO』
『ヒストリエ』
『ヴィランド・サガ』
『天顕祭』
『HELLSING』
『70億の針』
『桶狭間戦記』
『ネムルバカ』
『夏目友人帳』
『サマーウォーズ』
『友達100人できるかな』
『ラブロマ』
『オトノハコ』
『のだめカンタービレ』
『乙嫁語り』
『ゆうやみ特攻隊』
『ブラック・ラグーン』
『惑星のさみだれ』
『俺はまだ本気出していないだけ』
『ONE PIECE』
『リアル』
『クーベルチュール』
『へうげもの』
『おおきく振りかぶって』
『おれはキャプテン』
『君に届け』
『ハチワンダイバー』

まぁ、『WORST』は読むことなくなりましたし
『アイシールド』は何とか完結してもらってほっとしたというのか。

今年は完結した作品が多かったのですが
正直、期待していた以上の喜びはなかった気がしています。
『ぼくらの』『日本沈没』も『のだめカンタービレ』・・・

『ミスミソウ』はつた様(現)新春げきがウるふ様の
予想していた展開の方が、個人的に好みだったし・・・
『HELLSING』
『PLUTO』もまぁ、こんなところでしょうか。

自分の中で興味を失っていったマンガも多く
『おやすみプンプン』
『はじめの一歩』もちょっと・・・

『月光条例』
なんでしょう?
おとぎばなしという金の鉱脈を見つけているはずなのに
あと、本当に少し、ピントが合っていないというのか。

主人公の周囲の人間が役割というか
もはや型が決まっていて、その辺がもったいないというのか・・・

赤ずきん編の最後も『うしおととら』のくまさんシャンプーの話や
『からくりサーカス』のれんげが大事にする絵本を彷彿とさせてくれて
涙が出てきたり

あのパトラッシュに向かって
「この駄犬」なんて言ってくれて、本当に胸がすく思いがしたり
するんですけどね。

『とある科学の超電磁砲(レールガン)』
も記事は書いていませんが4巻はおもしろかったです。

『八チワンダイバー』
勢いが戻った感じがします。

特に、新しい登場人物の“右角”が
格好よくて、格好よくて。

オンガクで人格が変身する棋士なんて
この著者以外、考えつかないと思います。

ということで

1位『惑星のさみだれ』(著)水上 悟志
惑星のさみだれ 7 (ヤングキングコミックス)惑星のさみだれ 7 (ヤングキングコミックス)
(2009/04/30)
水上 悟志

商品詳細を見る

惑星のさみだれ 8 (ヤングキングコミックス)惑星のさみだれ 8 (ヤングキングコミックス)
(2009/11/10)
水上 悟志

商品詳細を見る


今年も1位はやはりこの作品です。

最新刊で今までの伏線の周到さに唸りました。
主人公たちの(肉体的・精神的)成長が感じられ
話も、いよいよ終盤を迎え
どういう風に話しが展開していくのか。

仲間である獣の騎士団の面々に思い入れが出てくれば
出てくるだけ
ストーリーの展開上必要であれば
無造作にキャラクターを殺すことのできる著者なだけに
その点でも目が離せません。

今ならまだ間に合います(笑)
おもしろいマンガをお探しであれば、是非。

2位『リアル』(著)井上 雄彦
リアル 9 (ヤングジャンプコミックス)リアル 9 (ヤングジャンプコミックス)
(2009/11/26)
井上 雄彦

商品詳細を見る


ようやく、一人の登場人物の元にほんの僅かですが、光がさしてきます。

本当に、今回のラストページにたどり着くまでに
どれだけの時間が必要だったのか。

その登場人物の前には母や父、医師、同級生、彼女?など多くの人間が現われ
彼を覆う絶望を振り払うために努力をします。

ただ、そのあまりの絶望の大きさに
彼らだけでは足りずに前巻、前々巻から登場した
花咲君とプロレスラーの白鳥、彼らの存在が必要だったように思えます。

いわば、彼等は触媒の役目を果たし“彼”はようやく
絶望の底にたどりついたように思えます。

そして、やっと彼は今の状況を受け入れ(受容)ようと始めています。

あとは、もう一人の主人公である野宮の姿、セリフにも感動します。

3位『友達100人できるかな』(著)とよ田 みのる
友達100人できるかな 1 (アフタヌーンKC)友達100人できるかな 1 (アフタヌーンKC)
(2009/08/21)
とよ田 みのる

商品詳細を見る

友達100人できるかな 2 (アフタヌーンKC)友達100人できるかな 2 (アフタヌーンKC)
(2009/12/22)
とよ田 みのる

商品詳細を見る


去年の『こすヨメ』で紹介していただいた本の中でも
かなり気に入った作品『FLIP-FLAP』
その著者の新作です。

会話と描き文字のセンスの良さが
地球の存亡を賭けた友達づくりを盛り上げてくれます。

単なるノスタルジーにならないところも

主人公が大人と子供の両面の視点を有しているからかもしれません。
オススメです。

4位"『少女ファイト』(著)日本橋 ヨヲコ
少女ファイト 6 (イブニングKCDX)少女ファイト 6 (イブニングKCDX)
(2009/10/23)
日本橋 ヨヲコ

商品詳細を見る


相変わらず、この著者の作品は
一つ一つのセリフが胸に突き刺さります。

3位と4位は迷ったのですが
今巻は同著者の大傑作『G戦場ヘブンズドア』の登場人物たちが登場するために
個人的には大満足なんですが
この作品、単体としてはどうだろうと思ったので
この順位とさせていただきました。


5位"『ちはやふる』 (著)末次 由紀
ちはやふる (4) (Be・Loveコミックス)ちはやふる (4) (Be・Loveコミックス)
(2009/03/13)
末次 由紀

商品詳細を見る

ちはやふる 5 (Be・Loveコミックス)ちはやふる 5 (Be・Loveコミックス)
(2009/06/12)
末次 由紀

商品詳細を見る

ちはやふる 6 (Be・Loveコミックス)ちはやふる 6 (Be・Loveコミックス)
(2009/09/11)
末次 由紀

商品詳細を見る

ちはやふる 7 (Be・Loveコミックス)ちはやふる 7 (Be・Loveコミックス)
(2009/12/11)
末次 由紀

商品詳細を見る


まぁ、今年楽しませていただいたマンガとして
やはりこの作品は避けて通れない気がします。

素材そのものの魅力。
登場人物の魅力。
競技マンガ、部活マンガとしての魅力。

著者のマンガに賭ける思いと
登場人物たちの思いがあいまって
素晴らしいものになっています。

同著者の新作『クーベルチュール』もオススメです。

テーマ:考える - ジャンル:その他

23 : 50 : 00 | こすヨメ関連 | TB(1) | Comment(0) | UP↑

『こすヨメγ'09』の自分の投票する順位をまた考えてみる。

最初にお詫びをしておきますが
いつも以上にグダグダしてますので
以下の文章は読み飛ばしていただけると幸いです。

『ハチワンダイバー』
『嘘食い』
『PLUTO』
最近、失速気味だし・・・

『バガボンド』
このマンガは前半部分が
ものすごいのでどうしても今は見劣りしてしまう感じが・・・

『はじめの一歩』
・・・・まぁ、宮田の骨の脆さは
減量による骨粗鬆症じゃないのかとか
(絶対に違うと思いますが)
そんなことを考えてしまう有様です。

『ラセンバナ』
・・・・まぁ、これはいいか(笑)。

『少女ファイト』
『罪と罰』
この二つは個人的に思い入れが強すぎて
まだ、記事が書けない・・・

『砂糖菓子の弾丸は撃ち抜けない』
『アオイホノオ』
『日本沈没』
『瑠璃の方船』
『3月のライオン』
『おやすみプンプン』
『ぼくらの』
『月光条例』
『惑星のさみだれ』
『浮谷東次郎物語 愛蔵復刻版―俺様の青春ロード』
『リアル』
『MOON』

原作付きの作品か
そうでないかで決めようかとも
思ったのですが・・・

『砂糖菓子の弾丸は撃ち抜けない』
『日本沈没』
『瑠璃の方船』
『浮谷東次郎物語 愛蔵復刻版―俺様の青春ロード』

これらの作品は、原作があったとしても
マンガとして表現するということに
マンガ家としての素晴らしいまでの力を注ぎ込んでおり
原作の引力(着地させようする当然のストーリー)を
マンガとしての力でねじ伏せていたり
もしくは、せめぎ合いながらも
高いレベルで調和しているので
今回はあえて原作の有無は問わないことにします。

消去法でいくならば
『アオイホノオ』
『月光条例』が落ちるかな。

大好きな島本和彦なのに・・・
大好きな藤田和日郎なのに・・・
いいのか、俺。

もうなんか、『逆境ナイン』の不屈闘志の気分です。

マンガとして面白いのは
『惑星のさみだれ』

ストーリーが一番衝撃を受けたのは
(原作を読んでいたにもかかわらず)
『砂糖菓子の弾丸は撃ち抜けない』

『おやすみプンプン』
『ぼくらの』も本当に面白いですが
ここは涙をのんでもらって

個人的に一番泣いた『リアル』
今後の展開が気になる
『3月のライオン』と『MOON』は
あえて、外します。

おそらく、多くの方がすでに知っている作品でしょうし
同様の理由で多くの方が紹介してくれる作品だと思います。

ので

1位『惑星のさみだれ』
2位『砂糖菓子の弾丸は撃ち抜けない』
3位『浮谷東次郎物語 愛蔵復刻版―俺様の青春ロード』
4位『日本沈没』
5位『瑠璃の方船』
次点『リアル』
ということになりました。

今晩一晩、時間を置いてみて
変わりがなければ
正式に投票することにします。

(追記)
・・・募集要項を確認しましたら
再刊・完全版等は投票不可のようです・・・
ということで

最終的な投票はこういう順位となりました。

1位『惑星(ほし)のさみだれ』(著)水上 悟志
惑星のさみだれ 6 (6) (ヤングキングコミックス)惑星のさみだれ 6 (6) (ヤングキングコミックス)
(2008/10/29)
水上 悟志

商品詳細を見る

今、本当に一番、続きが気になるマンガです。
正直、1~2巻までで諦める方もいるかもしれませんが
そこから面白くなってきますから。
続けて読んでみてください。
お願いします。

柔らかい絵柄と突飛な設定ですが
登場人物たちの二面性とひそかに重い内容であったり
いまだ解き明かされない謎(伏線)の数々。
そして何より(個人的に)今、現在のどの少年漫画よりも熱いストーリー展開。

登場人物の散り際が藤田和日郎風というか
確実に読み手に何かを残していく感じも好みです。

2位『砂糖菓子の弾丸は撃ち抜けない』(原作)桜庭 一樹 (著)杉基 イクラ
砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない 上 (1)砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない 上 (1)
(2008/03/08)
桜庭 一樹

商品詳細を見る

砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない 下 (2)砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない 下 (2)
(2008/03/08)
桜庭 一樹

商品詳細を見る

ちなみに原作はこちら
砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない―A Lollypop or A Bullet砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない―A Lollypop or A Bullet
(2007/03)
桜庭 一樹

商品詳細を見る

文庫版
砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない (富士見ミステリー文庫)砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない (富士見ミステリー文庫)
(2004/11)
桜庭 一樹むー

商品詳細を見る


直木賞作家でもある桜庭一樹の救いのない原作を
よくぞここまでマンガ化したなぁと著者の力量に感服した作品です。

繰り返しになりますが
ストーリーをあらかじめ知っていても衝撃を受けました。
(それって、すごいことですよね)

マンガ化をすることで奥行きがでたというのか。
ヒロインたちの閉塞感・無力感であったり
あまり好きになれなかった彼女たちが
鮮明に立ち上がってくるような感じさえ受けました。

原作者である桜庭一樹も
帯のコメントで
“ところどころに混ざりこむ、オリジナルのシーンに情感があって
鮮烈な作品になったなと思います。”
と記す程です。

ただ、うがった見方かもしれませんが
普通、原作者が帯にこんなコメントを書くかな???・・・

混ざりこむ=異物としてとらえている感じが
するのは自分だけでしょうか。

それだけ、原作者も作品そのものに思い入れがあり
なおかつ、そこまで言わせるだけ
マンガとしての完成度が高いという気がします。

一人の表現者として(いい意味で)マンガ版に
嫉妬をしているようにも受け取れます。
(あくまで個人的な印象ですが・・・)

ただ、そういった我(エゴ)がなければ
表現者としては駄目なのかもしれませんし
そういったことまで考えさせられる程の凄い作品でした。

3位『日本沈没』(原作)小松 左京 (著)一色 登希彦
日本沈没 13 (13) (ビッグコミックス)日本沈没 13 (13) (ビッグコミックス)
(2008/11/28)
小松 左京一色 登希彦

商品詳細を見る

原作は
日本沈没 上    小学館文庫 こ 11-1日本沈没 上 小学館文庫 こ 11-1
(2005/12/06)
小松 左京

商品詳細を見る

日本沈没 下    小学館文庫 こ 11-2日本沈没 下 小学館文庫 こ 11-2
(2005/12/06)
小松 左京

商品詳細を見る

有名な小松左京の原作の“その先”を
なりふりかまわずオリジナルな解釈と独自なストーリー展開を
必死で描き続ける著者の姿に感動を覚えます。

絵の崩れ方=登場人物の置かれている状況の過酷さとあいまって
絵としての魅力は正直・・・ですし
合わない方も多いかもしれません
ストーリーも延々と救われない展開が続きます。

ただそうであったとしても
この作品は余りある魅力があります。

完成されていない荒々しさ、抑制できない衝動のようなもの
日本に対する嫌悪と愛情のようなものが
これでもかと詰め込まれています。

映画も一時的なブームも過ぎ
果たして、このまま連載が無事に終了するのか。
そんな(余計な)心配をしてしまうぐらいです。

ただ、だからこそ、本当にこの著者がどんな結末を用意しているのか
そこが、どうしても見たい作品でもあります。

4位『瑠璃の方船』(原作)夢枕 獏 (著)海埜 ゆうこ
瑠璃の方船 1 (1) (ジャンプコミックスデラックス)瑠璃の方船 1 (1) (ジャンプコミックスデラックス)
(2008/01/04)
夢枕 獏

商品詳細を見る

瑠璃の方船 2 (2) (ジャンプコミックスデラックス)瑠璃の方船 2 (2) (ジャンプコミックスデラックス)
(2008/07/04)
夢枕 獏

商品詳細を見る

原作
瑠璃の方船 (文春文庫)瑠璃の方船 (文春文庫)
(1998/04)
夢枕 獏

商品詳細を見る

こちらは夢枕獏の自伝的小説を原作にしています。

まずは、個人的にものすごく思い入れのある
地味(文庫も絶版?)でありながら熱い原作を
きっちりと完結させていただいたことに感謝しております。

今回は、原作つきの作品が多かったのですが
マンガ化をするそれぞれのアプローチが
どれも違っていたのは面白かったです。

この作品の場合は原作を知らない人にも
(構成を少し変えて)読みやすくしてありますし
そして、原作の魂とも核とも呼ぶべき部分は
きちんと表現してあり非常に丁寧に仕事をされている印象があります。

こういった作品をつくるマンガ家の方・編集者の方
そしてそういった作品が載る舞台である青年誌の存在にも
改めて感謝します。

5位『リアル』(著)井上 雄彦
リアル 8 (8) (ヤングジャンプコミックス)リアル 8 (8) (ヤングジャンプコミックス)
(2008/10/29)
井上 雄彦

商品詳細を見る

有名な作品なのですが
今年、一番、泣いたマンガです。

本当に、今回の展開は
今までの積み重ねがあったからだと思います。

それがあるからこそ
それぞれの登場人物達が自分の今の状況を受け入れ(受容)し
絶望という自分にのみ向けた視点から
やっと他者に目を向けるようになって
そして、少しずつ希望を見つけていくその姿に感動するのかもしれません。

単なる障害者バスケの話だけではありません。
人間が誰もが経験する危機にどのように
対峙していくのか。
普遍的な人間の姿を描いた作品とも思えます。

次点『浮谷東次郎物語 愛蔵復刻版―俺様の青春ロード』
(著)森田 信吾

浮谷東次郎物語 愛蔵復刻版―俺様の青春ロード (Motor Magazine Mook)浮谷東次郎物語 愛蔵復刻版―俺様の青春ロード (Motor Magazine Mook)
(2008/07)
森田 信吾

商品詳細を見る

残念ながら、復刻版は投票の権利がなかったので次点となりましたが
こちらも思い入れの深い作品です。
この本のお陰で多くのことを学びました。

そういった本がどういった経緯で復刻されたかわかりませんんが
この機会に多くの方(特に若い方たちに)
読んでいただきたい作品です。

テーマ:考える - ジャンル:その他

20 : 00 : 00 | こすヨメ関連 | TB(0) | Comment(0) | UP↑

前ページ | ホーム | 次ページ

プロフィール

きみやす

Author:きみやす
ご訪問、ありがとうございます。

このブログは管理人である“きみやす”が
ひたすら、本やマンガの感想を
書き連ねていくブログです。

お手すきな時にでも
のぞいてみてください。

カテゴリー

最近の記事

ブログランキング

FC2ブログランキング

にほんブログ村 本ブログへ ランキングはこちらをクリック! BS blog Ranking 人気ブログランキングへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ブログランキングに参加しています。 よろしければ、ポチッとお願いします。

月別アーカイブ

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

最近のコメント

最近のトラックバック

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。