ミツコの詩 1巻

ミツコの詩 1巻」(感想
(著)榎屋 克優



『日々ロック』『テキサスレディオギャング』の著者の新作。

元詩人の高校教師・吹抜保。
転校生として現れる・君早光子。

彼女の“読まれない詩は意味がない”という主張と行動は
吹抜のプライドをぶち壊していく。

反発しながらも、彼は自分が、安全な所に生きていることに
少しずつ、気がつき始め、気がつけば“詩の朗読バトル”というものに参加していくことに。

『日々ロック』でロック。
『テキサスレディオギャング』でラジオドラマ。

どちらにしても言葉と深いかかわりのある作品を書いてきた著者が
今回は“詩”を真正面から、描いています。
おすすめです。


スポンサーサイト

テーマ:アニメ・コミック - ジャンル:アニメ・コミック

20 : 00 : 00 | コミックス感想 | TB(0) | Comment(0) | UP↑

<<おまえのすべてが燃え上がる | ホーム | 人生論ノート>>

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |

プロフィール

きみやす

Author:きみやす
ご訪問、ありがとうございます。

このブログは管理人である“きみやす”が
ひたすら、本やマンガの感想を
書き連ねていくブログです。

お手すきな時にでも
のぞいてみてください。

カテゴリー

最近の記事

ブログランキング

FC2ブログランキング

にほんブログ村 本ブログへ ランキングはこちらをクリック! BS blog Ranking 人気ブログランキングへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ブログランキングに参加しています。 よろしければ、ポチッとお願いします。

月別アーカイブ

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

最近のコメント

最近のトラックバック

QRコード

QR