私の少年 2巻

私の少年 2巻」(感想
(著)高野 ひと深



30歳OL多和田聡子と12歳小学生早見真修。
聡子は真修の家庭が抱える歪さを垣間見る事に――!?

聡子は真修よりは(当たり前ですが)年齢的にも上で常識人であるが故に、2巻ラストで
彼の為に嘘(常識的な範囲のアドバイス)をつくのですが
それに対するラストページは撃ち抜かれるかのようなインパクトがありました。

真修にしても聡子にしても
互いのことが、大切な存在になりつつあるもかかわらず。
冷静に考えて、世間や周囲の人間からは誤解されるのは目に見えています。

こういう風に、“恋愛”と安易にカテゴライズできない感情と二人の関係は
どのように変化していくのか。

丁寧に書かれている分、じっくり見守りたいです。

それにしても・・・あとがきが内容とは全く温度が違っていておもしろいです。
特に編集者・H澤さんのチェックとそれに慄く、著者のやりとりの上で
この作品の美しさが保たれているのだなぁ・・・と
思った次第です。
スポンサーサイト

テーマ:アニメ・コミック - ジャンル:アニメ・コミック

20 : 00 : 00 | コミックス感想 | TB(0) | Comment(0) | UP↑

<<春の呪い 1巻 | ホーム | ワールドトリガー 17巻>>

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |

プロフィール

きみやす

Author:きみやす
ご訪問、ありがとうございます。

このブログは管理人である“きみやす”が
ひたすら、本やマンガの感想を
書き連ねていくブログです。

お手すきな時にでも
のぞいてみてください。

カテゴリー

最近の記事

ブログランキング

FC2ブログランキング

にほんブログ村 本ブログへ ランキングはこちらをクリック! BS blog Ranking 人気ブログランキングへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ブログランキングに参加しています。 よろしければ、ポチッとお願いします。

月別アーカイブ

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

最近のコメント

最近のトラックバック

QRコード

QR