光秀の定理

光秀の定理」(感想
(著)垣根 涼介


永禄3(1560)年、京の街角で三人の男が出会った。
食い詰めた兵法者・新九郎。辻博打を生業とする謎の坊主・愚息。
そして十兵衛…名家の出ながら落魄し、その再起を図ろうとする明智光秀その人であった。
この小さな出逢いが、その後の歴史の大きな流れを形作ってゆく。
光秀はなぜ織田信長に破格の待遇で取り立てられ、瞬く間に軍団随一の武将となり得たのか。
彼の青春と光芒を高らかなリズムで刻み、乱世の本質を鮮やかに焙り出す新感覚の歴史小説!!

いや、『室町無頼』が非常に良かったので、以前に書かれた著者初の歴史小説を読んでみたが
「おおっ!こんな風な明智光秀は見たことがないぞ!!」という感じで

『国盗り物語』の司馬遼太郎の光秀以来の切り口で非常にこれも面白かったですが
モンティ・ホール問題が作品の重要なテーマの一つとなってきますがこれが納得できるか、納得できないか?
この作品に適していたかどうか、読者の中でも評価が別れそうですね。



文庫はこちら




スポンサーサイト

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

20 : 00 : 00 | 本感想 | TB(0) | Comment(0) | UP↑

<<比ぶ者なき | ホーム | 室町無頼>>

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |

プロフィール

きみやす

Author:きみやす
ご訪問、ありがとうございます。

このブログは管理人である“きみやす”が
ひたすら、本やマンガの感想を
書き連ねていくブログです。

お手すきな時にでも
のぞいてみてください。

カテゴリー

最近の記事

ブログランキング

FC2ブログランキング

にほんブログ村 本ブログへ ランキングはこちらをクリック! BS blog Ranking 人気ブログランキングへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ブログランキングに参加しています。 よろしければ、ポチッとお願いします。

月別アーカイブ

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

最近のコメント

最近のトラックバック

QRコード

QR