室町無頼

室町無頼」(感想
(著)垣根 涼介


ならず者の頭目・骨皮道賢は幕府に食い込み、洛中の治安維持を任されていたが、密かに土倉を襲撃する。
浮浪の首魁・蓮田兵衛は、土倉で生き残った小僧に兵法者への道を歩ませ、各地で民百姓を糾合した。
肝胆相照らし、似通った野望を抱くふたり。その名を歴史に刻む企てが、奔り出していた。

やっぱり、現代のハードボイルド(冒険小説)作家は、時代小説に活路を見出すのかな?
北方謙三しかり、志水 辰夫、馳星周(!!)も。

しかしこの作品もタイトルに“無頼”が入っていて
著者の初期作品のあの熱気のようなものが宿っています。

昔のジャッキー映画を観ているような修行シーンなども
「ああ、本当にこういう作品久しぶりに読んだわ~!!」と大いに満足でした。

スポンサーサイト

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

20 : 00 : 00 | 本感想 | TB(0) | Comment(0) | UP↑

<<光秀の定理 | ホーム | 彼女が家に帰るまで>>

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |

プロフィール

きみやす

Author:きみやす
ご訪問、ありがとうございます。

このブログは管理人である“きみやす”が
ひたすら、本やマンガの感想を
書き連ねていくブログです。

お手すきな時にでも
のぞいてみてください。

カテゴリー

最近の記事

ブログランキング

FC2ブログランキング

にほんブログ村 本ブログへ ランキングはこちらをクリック! BS blog Ranking 人気ブログランキングへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ブログランキングに参加しています。 よろしければ、ポチッとお願いします。

月別アーカイブ

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

最近のコメント

最近のトラックバック

QRコード

QR