おやすみ人面瘡

おやすみ人面瘡」(感想
(著)白井 智之

全身に“脳瘤”と呼ばれる“顔”が発症する奇病“人瘤病”が蔓延した日本。
人瘤病患者は「間引かれる人」を意味する「人間」という蔑称で呼ばれ、その処遇は日本全土で大きな問題となっていた。
そんな中、かつて人瘤病の感染爆発が起きた海晴市で、殺人事件が起きる。

いや~。とんでもない。
露悪的というか、これでもかって設定なんですが
その設定をフルに使って論理を組み立てていきます。

『毒入りチョコレート事件』方式というか。
一つの論理を、次の論理で、そしてその次の論理で否定していきます。
探偵の設定・事件の真相・タイトルの意味。

最後の最後まで楽しめます。
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

20 : 00 : 00 | 本感想 | TB(0) | Comment(0) | UP↑

<<うしおととら 完全版 17巻 | ホーム | ダーウィンズゲーム 10巻>>

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |

プロフィール

きみやす

Author:きみやす
ご訪問、ありがとうございます。

このブログは管理人である“きみやす”が
ひたすら、本やマンガの感想を
書き連ねていくブログです。

お手すきな時にでも
のぞいてみてください。

カテゴリー

最近の記事

ブログランキング

FC2ブログランキング

にほんブログ村 本ブログへ ランキングはこちらをクリック! BS blog Ranking 人気ブログランキングへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ブログランキングに参加しています。 よろしければ、ポチッとお願いします。

月別アーカイブ

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

最近のコメント

最近のトラックバック

QRコード

QR