よろずや平四郎活人剣 上巻

よろずや平四郎活人剣 上巻」(感想
(著)藤沢 周平

神名平四郎。
知行千石の旗本の子弟、しかし実質は、祝福されざる冷や飯食い、妾腹の子である。
思い屈し、実家を出奔、裏店に棲みついたまではよいのだが、ただちに日々のたつきに窮してしまう。
思案の揚句、やがて平四郎は奇妙な看板を掲げる。
・・・喧嘩五十文、口論二十文、とりもどし物百文、よろずもめごと仲裁つかまつり候。

上手いなぁ。
主人公が剣の技量をもってはいるのですが
そこはあまり主眼が置かれていません。
それよりも青年が
どちらかというと、市井の人々の悩みや厄介ごとにかかわることにより人の世に触れていく。

そこそこ、お人よしで。
なんのかんのと言いながらも人々の悩みなどに飛び込み、解決しながら、依頼人だけでなく
様々な人間模様が浮かび上がります。
その中で、男女の機微を学んだりしていく所がなんとも微笑ましい。
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

20 : 00 : 00 | 本感想 | TB(0) | Comment(0) | UP↑

<<よろずや平四郎活人剣 下巻 | ホーム | ベル・エポック 1巻>>

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |

プロフィール

きみやす

Author:きみやす
ご訪問、ありがとうございます。

このブログは管理人である“きみやす”が
ひたすら、本やマンガの感想を
書き連ねていくブログです。

お手すきな時にでも
のぞいてみてください。

カテゴリー

最近の記事

ブログランキング

FC2ブログランキング

にほんブログ村 本ブログへ ランキングはこちらをクリック! BS blog Ranking 人気ブログランキングへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ブログランキングに参加しています。 よろしければ、ポチッとお願いします。

月別アーカイブ

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

最近のコメント

最近のトラックバック

QRコード

QR