スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | UP↑

BLUE GIANT 9巻

BLUE GIANT 9巻」(感想
(著)石塚 真一

これも感想、書いたっけ?

前巻の巻末あとがきマンガで
音を描かないことに書かれていたと思うのですが。

おそらく、今巻の一番最初で、ここまで読んできた読者の人の耳には確実に
JASSの面々の音が凄まじい程きこえているはずだと思います。

そして、今回は懐かしい人物たちが登場してきます。
Milestoneという曲と言葉の意味通り、大が歩んできた道。
大があえて帰らない場所。
そこで、彼らは大のことをそれぞれの形で思っていることが伝わってきます。

ある登場人物から言われる「昔話が似あわない」の言葉どおり
彼は、次を、先を見ている人間だと思います。
だからこその今回のある話・・・せつなさも持ってくるか!!と言いたくなります。

一瞬、あの人が大の言葉を聞いて顔を伏せるシーン。
最初はただ、純粋に嬉しかったり、恥ずかしかったのかな・・・と思っていたのですが
最後まで読むと、あれは涙をこらえていたのかな?とも思えてしまいます。

大とはまた違う再会を、雪折も果たします。
そこのシーンは最小限だからこそ、美しいです。

そして、玉田。
大にしても、雪折にしても
才能やそれにかけてきた時間の量・濃密さが彼らが“特別”であり
大は特に自覚なく“特別”の領域に向かっています。

それに比べると、玉田は普通なんです。
読者に一番近い彼が、前巻も含め、どんどん上達し、大だけでなく雪折にも
認められる姿には、思わず涙目でした・・・。

そして、雪折はある意味、軌道に乗りはじめたJASSに戸惑いやちょっとした燃え尽き症候群のような
表情を見せ始めます。
そこにかかってきた一本の電話。

最後の回想を含めた関係者インタビュー。
「早く、次の巻を!!読ませて!!」と思う程です。
まだ予想の上を越えてくれそうです。
スポンサーサイト

テーマ:アニメ・コミック - ジャンル:アニメ・コミック

20 : 00 : 00 | コミックス感想 | TB(0) | Comment(0) | UP↑

<<恋は光 5巻 | ホーム | G戦場ヘヴンズドア 完全版  2巻>>

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |

プロフィール

きみやす

Author:きみやす
ご訪問、ありがとうございます。

このブログは管理人である“きみやす”が
ひたすら、本やマンガの感想を
書き連ねていくブログです。

お手すきな時にでも
のぞいてみてください。

カテゴリー

最近の記事

ブログランキング

FC2ブログランキング

にほんブログ村 本ブログへ ランキングはこちらをクリック! BS blog Ranking 人気ブログランキングへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ブログランキングに参加しています。 よろしければ、ポチッとお願いします。

月別アーカイブ

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

最近のコメント

最近のトラックバック

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。