QJKJQ

QJKJQ」(感想
(著)佐藤 究

市野亜李亜(いちのありあ)は十七歳の女子高生。
猟奇殺人鬼の一家で育ち、彼女自身もスタッグナイフで人を刺し殺す。
猟奇殺人の秘密を共有しながら一家はひっそりと暮らしていたが
ある日、亜李亜は部屋で惨殺された兄を発見する。
その直後、母の姿も消える。
亜李亜は残った父に疑いの目を向けるが、一家には更なる秘密があった。

いやー。面白かった。
最初のヒキから、誰も予想だにできない結末にたどり着く。

読んでいる間に、二転三転(正確にはもっと)していくのが気持ち良かったです。
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

20 : 00 : 00 | 本感想 | TB(0) | Comment(0) | UP↑

<<弥勒戦争 | ホーム | 進撃の巨人 19~20巻>>

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |

プロフィール

きみやす

Author:きみやす
ご訪問、ありがとうございます。

このブログは管理人である“きみやす”が
ひたすら、本やマンガの感想を
書き連ねていくブログです。

お手すきな時にでも
のぞいてみてください。

カテゴリー

最近の記事

ブログランキング

FC2ブログランキング

にほんブログ村 本ブログへ ランキングはこちらをクリック! BS blog Ranking 人気ブログランキングへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ブログランキングに参加しています。 よろしければ、ポチッとお願いします。

月別アーカイブ

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

最近のコメント

最近のトラックバック

QRコード

QR