スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | UP↑

松本城、起つ

松本城、起つ」(感想
(著)六冬 和生

信州大学経済学部に通う巾上岳雪は
家庭教師先の女子高校生・矢諸千曲に連れられて初めて松本城を訪れた。
受験より趣味の松本史跡の見学を優先し、
いつまでも模試の結果すら見せようとしない千曲に
巾上が腹を立てていたその時、松本城が大きく揺らいだ――

1686年の松本藩で目覚めた巾上は、自分が鈴木伊織という藩士として、
千曲が松本城に祀られている二十六夜神さまとして存在していることに愕然とする。
奇しくもその年、松本藩では貞享騒動)という百姓一揆が発生、多数の死者を出していた。
状況に戸惑っていた巾上は、命懸けで年貢減免に挑もうとしている多田加助ら農民と出会い、
その窮状を知るなかで、彼らを救いたいと感じ始める。
巾上と千曲は、松本の人々を救うことができるのか?
そして現代へ戻ってくることはできるのか――?

タイムスリップものです。
前作の
第1回ハヤカワSFコンテスト大賞受賞作だった、『みずは無間』の
ブラックな感じがよかったのですが・・・

今作はあまり、題材と内容がうまく混ざらなかったという感じがします・・・

タイムスリップものの(個人的な醍醐味として)
伏線の回収というか、「ああ、こういうことだったのか!!」と驚かされる気持ち良さが
あると思うのですが・・・

なにかスッキリしない感じが印象に残りました。
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

20 : 00 : 00 | 本感想 | TB(0) | Comment(0) | UP↑

<<G戦場ヘブンズドア 完全版 1巻 | ホーム | 蜘蛛ですが、何か? 1巻>>

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |

プロフィール

きみやす

Author:きみやす
ご訪問、ありがとうございます。

このブログは管理人である“きみやす”が
ひたすら、本やマンガの感想を
書き連ねていくブログです。

お手すきな時にでも
のぞいてみてください。

カテゴリー

最近の記事

ブログランキング

FC2ブログランキング

にほんブログ村 本ブログへ ランキングはこちらをクリック! BS blog Ranking 人気ブログランキングへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ブログランキングに参加しています。 よろしければ、ポチッとお願いします。

月別アーカイブ

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

最近のコメント

最近のトラックバック

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。