スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | UP↑

夜廻り猫 1巻 今宵もどこかで涙の匂い

夜廻り猫 1巻 今宵もどこかで涙の匂い」(感想
(著)深谷 かほる

「泣く子はいねが~~」。涙の匂いのするところに現れる夜廻り猫の遠藤平蔵。

老若男女、犬猫問わず、涙する人とともに呑み、笑い、ときに励まし、
ときに見守り、いつも彼だけはそっと寄り添う。

良いです。
何だろう、この書き文字の感じとか“水玉螢之丞”さんに似ている。

ごくごく、普通の人々。
でも、確実に今を切り取っていて。
生きづらく、寛容さが少しずつ減って行っている現代を描いています。

遠藤平蔵が必要でない場合もあり
そうかと思うと、しみじみと8コマの中で彼の存在で
ほっとする作品も多く存在します。

スポンサーサイト

テーマ:感想 - ジャンル:アニメ・コミック

22 : 30 : 00 | コミックス感想 | TB(0) | Comment(0) | UP↑

<<読者ハ読ムナ(笑) いかにして藤田和日郎の新人アシスタントが漫画家になったか | ホーム | あげくの果てのカノン 1巻>>

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |

プロフィール

きみやす

Author:きみやす
ご訪問、ありがとうございます。

このブログは管理人である“きみやす”が
ひたすら、本やマンガの感想を
書き連ねていくブログです。

お手すきな時にでも
のぞいてみてください。

カテゴリー

最近の記事

ブログランキング

FC2ブログランキング

にほんブログ村 本ブログへ ランキングはこちらをクリック! BS blog Ranking 人気ブログランキングへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ブログランキングに参加しています。 よろしければ、ポチッとお願いします。

月別アーカイブ

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

最近のコメント

最近のトラックバック

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。