悪党パーカー/人狩り

悪党パーカー/人狩り」(感想
(著)リチャード・スターク
(訳)小鷹 信光

シリーズ1作目。
うーん。面白い。
シリーズ展開をしていく為に 襲撃→裏切り→復讐(回収?)という基本フォーマットがある程度使われるようになると
やはり、興ざめはしてしまうのですが。
1作目はやはり、そんなことを感じさせません。

仲間の一人と妻に裏切られ、金を奪われた主人公・パーカーの復讐劇なのですが
情念のようなものはあくまで表に出さず。
かといって、ハードボイルド・・・という感じもしないんですよね。
(ここは本当に個人的な感覚ですが)
しいて、ハードボイルドの系統から考えると、わりとハメット寄りといいますか。

最初の風景描写や、人物の描写。
特にパーカーの腕や拳の描き方が上手く。
乾いた容赦のなさが小気味よく描かれます。

裏切り者を始末した後からの展開も、最初に読んだ時には
「え?おい?何するの?」といった感じでびっくりしたのを思い出します。

それにしても、小鷹信光先生も、もう居られないんだなぁ・・・と思うと悲しくなりますね。


スポンサーサイト

テーマ:読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

20 : 00 : 00 | 本感想 | TB(0) | Comment(0) | UP↑

<<悪党パーカー 犯罪組織 | ホーム | 砕け散るところを見せてあげる>>

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |

プロフィール

きみやす

Author:きみやす
ご訪問、ありがとうございます。

このブログは管理人である“きみやす”が
ひたすら、本やマンガの感想を
書き連ねていくブログです。

お手すきな時にでも
のぞいてみてください。

カテゴリー

最近の記事

ブログランキング

FC2ブログランキング

にほんブログ村 本ブログへ ランキングはこちらをクリック! BS blog Ranking 人気ブログランキングへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ブログランキングに参加しています。 よろしければ、ポチッとお願いします。

月別アーカイブ

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

最近のコメント

最近のトラックバック

QRコード

QR