スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | UP↑

国境

国境」(感想
(著)黒川 博行

『疫病神』シリーズの一つ(2作目)です。
実はこのシリーズ、初回の『疫病神』が見つからず(これだけ新潮文庫でした)積み本の一つになっていました。

この作品から読みはじめたのですが
ヤクザの桑原と建設コンサルタント二宮・二人が主人公で
各々を嵌めた詐欺師を追うために北朝鮮に飛ぶ所から始まります。

北朝鮮という監視の多い土地で相手を見つけだすことができるのか。

(ナチスドイツ占領下のベルリンを舞台にした『偽りの街』を少し、思い出しました)

当時(発売2001年)でよく、北朝鮮を舞台に出来たなぁ・・・という驚きがまずありますし
タイトル通り“国境”が、大きく作品の内容そのものやテーマについてかかわって来るので
その部分も面白かったです。

あとがきが、藤原伊織さんで 懐かしさのあまり不意に泣きそうになりましたが
非常に気持ち良く読み終えることができました。

その後でネットで、特別対談 逢坂剛×黒川博行 イオリンの思い出http://hon.bunshun.jp/articles/-/2955
を読んで、また、しみじみとしてしまいました。
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

20 : 30 : 00 | 本感想 | TB(0) | Comment(0) | UP↑

<<破門 | ホーム | わたしたちの田村くん 4巻>>

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |

プロフィール

きみやす

Author:きみやす
ご訪問、ありがとうございます。

このブログは管理人である“きみやす”が
ひたすら、本やマンガの感想を
書き連ねていくブログです。

お手すきな時にでも
のぞいてみてください。

カテゴリー

最近の記事

ブログランキング

FC2ブログランキング

にほんブログ村 本ブログへ ランキングはこちらをクリック! BS blog Ranking 人気ブログランキングへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ブログランキングに参加しています。 よろしければ、ポチッとお願いします。

月別アーカイブ

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

最近のコメント

最近のトラックバック

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。