テンプリズム  8巻

テンプリズム 8巻」(感想
(著)曽田 正人

著者が以前、書いたようにこのマンガは著者初の恋愛マンガでもある・・・らしい。
(あれ、『め組の大吾』は違うんかな?あのヒロインの言動も、この人らしいと思ったのですが)

“恋は単純で原始的な行為である。 それは闘争である。”
(後略) アナトール・フランスの言葉を思い出します。

いかに相手を自分の魅力に従わせるか。
この著者が描くと本当に“闘争”のレベルなので、半端ない緊張感があります。

今巻は本当に、その部分だけ進んでて、その他の部分はあまり進んでないけれども
違った意味で面白かったです。
スポンサーサイト

テーマ:感想 - ジャンル:アニメ・コミック

20 : 00 : 00 | コミックス感想 | TB(0) | Comment(0) | UP↑

<<雑記 | ホーム | 拳奴死闘伝セスタス 6巻 >>

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |

プロフィール

きみやす

Author:きみやす
ご訪問、ありがとうございます。

このブログは管理人である“きみやす”が
ひたすら、本やマンガの感想を
書き連ねていくブログです。

お手すきな時にでも
のぞいてみてください。

カテゴリー

最近の記事

ブログランキング

FC2ブログランキング

にほんブログ村 本ブログへ ランキングはこちらをクリック! BS blog Ranking 人気ブログランキングへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ブログランキングに参加しています。 よろしければ、ポチッとお願いします。

月別アーカイブ

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

最近のコメント

最近のトラックバック

QRコード

QR