迫りくる自分

迫りくる自分」(感想
(著)似鳥 鶏

自分と瓜二つの顔の男から犯罪者の濡れ衣を着せられ
警察や様々なものから、逃げ出す。

「世にも奇妙な~」なんかで放送されそうな、短編向きのプロットを
きちんと長編にまで仕上げている力。

いわゆる筆力とでもいうべきものが以前の作品に比べて上がっているのが
端的にわかります。

登場するサブキャラクターの言動や主人公の言動の中に
凄く、リアリティがあり。

どちらかというと、ライトな推理小説作家の印象が強かったのですが
この作品では、一つのアイデアをじっくり使うことや痛みや焦燥感の描写が
非常に丁寧で読みごたえがありました。
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

23 : 00 : 00 | 本感想 | TB(0) | Comment(0) | UP↑

<<灰と幻想のグリムガル等 | ホーム | トリックスターズD>>

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |

プロフィール

きみやす

Author:きみやす
ご訪問、ありがとうございます。

このブログは管理人である“きみやす”が
ひたすら、本やマンガの感想を
書き連ねていくブログです。

お手すきな時にでも
のぞいてみてください。

カテゴリー

最近の記事

ブログランキング

FC2ブログランキング

にほんブログ村 本ブログへ ランキングはこちらをクリック! BS blog Ranking 人気ブログランキングへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ブログランキングに参加しています。 よろしければ、ポチッとお願いします。

月別アーカイブ

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

最近のコメント

最近のトラックバック

QRコード

QR