灰と幻想のグリムガル等4

『灰と幻想のグリムガル』 第五話 観ました。

埋葬には1シルバーかかった
この台詞だけでもとても良かった。

空中分解に近い状態のハルヒロ達。
今まで静かだったモクゾーの怒る所も、とても良かった。

酒場で、空気の読めない男・キッカワが登場しますが
うっとうしいけれども、凄く正論。

神官の存在がどういうものなのか。
改めて語られます。

出来ない事も、後悔も含めて
しっかり考え始めているのが良かったです。

新しい登場人物も出てきましたが、とても協調性がなく。
すぐすぐ、上手く意志疎通がはかれないところも良いですね。

ハルヒロも混乱しながらも、少しずつリーダーの役割を受け入れつつあります・・・。
レンジにゴールドを返すところも、ようやく彼が、主体的に動いた印象があります。

ラストのユメとの悲しみの共有は良かったけども・・・。

最後のラブコメ風味は個人的にはいらないかな(笑)。

『昭和元禄落語心中』 第五話観ました。
安定の駄目な亭主(ヒモ)と献身的な奥さんの夫婦漫才もさることながら。
(墨を投げる時は、かなり驚きましたが・・・(笑))

いよいよ、師匠が色気というか
自分を見出していきますが

途中の「(略)落語に必要なのは愛嬌。ハァ。それが致命的にねぇんだよ」の台詞も好きですね。

自分が何を持っているかなんて、若い頃は特に気が付いていないのを端的に表しています。

みよ吉も色んな顔を見せてくれます。

相変わらず、美術もすごいし。
その当時の浅草の勢いや色使いが観てわかるのには
驚かされます。

『亜人』 第四話も。
田中くん。いいなぁ。
(AKIRA・原作の目を隠している超能力者を思い出しますな)

下村 泉もクロちゃん(笑)をだしてのスタンドバトル。

帽子の男(佐藤)も本格的に動き出します。
スポンサーサイト

テーマ:感想 - ジャンル:アニメ・コミック

20 : 00 : 00 | 映画・アニメ・DVD・TV感想 | TB(0) | Comment(4) | UP↑

<<血の弔旗 | ホーム | 昭和元禄落語心中 9巻>>
コメント

こんにちは!
「灰グリ」きみやすさんが書かれているところはよかったんですけど、恐れていた通り簡単に神官が仲間になったのと、あれの後はじめての戦闘で死の恐怖を感じているようにあまり見えなかったので宣言どおり脱落します(汗)
私だったらたぶん死を意識しすぎちゃって、仲間にウザがられるくらい作戦の見直しとか、神官が狙われた時の対処とか、応急セットの確認とかすると思うので、敵を目の前にして初めて前衛がどうのとか言い出すひとたちに共感できない…。
サブの回復スキルとか、他の職業にはないのかな?

「落語心中」はホント師匠の色気が(笑)
墨を投げるところが可愛かったです。
でも、やはり現代の”一本芯の通った”感じの師匠に敵うものはないというか、弟子をかわいがるお父さんみたいなところが好きというか……………………回想いつまで続くんですかまじでつらいです。

「亜人」はますますエグイ展開になってきましたね~。下村さんは、自分の置かれた状況の割に女の子してますが(汗)
帽子の男が怖くて、田中が可愛く見えました。
by: 宵乃 * 2016/02/09 13:01 * URL [ 編集] | UP↑

宵乃さん こんばんは!!
> あれの後はじめての戦闘で死の恐怖を感じているようにあまり見えなかったので宣言どおり脱落します(汗)

ああ、そうですね。自らの死の恐怖等は描かれてなかったですね!!

> 私だったらたぶん死を意識しすぎちゃって、仲間にウザがられるくらい作戦の見直しとか、神官が狙われた時の対処とか、応急セットの確認とかすると思うので、

確かに、神官がそれだけ重要というのが分かっているなら、戦い方も変わってきますよね~。

敵を目の前にして初めて前衛がどうのとか言い出すひとたちに共感できない…。

そうですね。仰る通りです(笑)
それに、切るのは、前回宵乃さんが書かれていた通りですし。
気にする必要は全くないですよ~。

> 「落語心中」はホント師匠の色気が(笑)
> 墨を投げるところが可愛かったです。
> でも、やはり現代の”一本芯の通った”感じの師匠に敵うものはないというか、弟子をかわいがるお父さんみたいなところが好きというか……………………回想いつまで続くんですかまじでつらいです。

えーと。多分、まだ、だいぶ続くと思います。。。
実際、色んなことを乗り越えてきた師匠・与太郎の話もまだ、先になります・・・


> 「亜人」はますますエグイ展開になってきましたね~。下村さんは、自分の置かれた状況の割に女の子してますが(汗)
そうですね。もう、これから、殆ど妹も出てこないので
下村さんがほぼ、唯一の女性キャラとして出てくると思います。

> 帽子の男が怖くて、田中が可愛く見えました。

田中くん、あれだけの目にあっときながら何か、足りないんですよね。
佐藤はそろそろ、本領を発揮し始めるので(結構、そちらの方が楽しみです)

ああ、主人公の永井圭・・・正直、あんまり興味ないんですよね(笑)
コメントありがとうございました!!
by: きみやす * 2016/02/09 18:23 * URL [ 編集] | UP↑
こんにちは。
>『灰と幻想のグリムガル』 第五話

ううむ、宵乃さんが脱落…こっちの方がショックだったりしますが…。

しっかり、予告でチラリ見た女性が神官として入ってきましたか。
どうも薬という手段が無いのか高価なのか登場しないので、パーティの存続という意味では、神官はどうしても必要なんでしょうね。

確かに、死の恐怖を持ったままという戦闘はなかったですね。
今までも死の恐怖はあったとも言えますけど…このままではお金も無くなり生活もできなくなるという状況では戦わなければならないんでしょうね。

でも、モグゾーが激怒したのはよかったですね。
by: 白くじら * 2016/02/21 11:45 * URL [ 編集] | UP↑

白くじらさん こんばんは。
> >『灰と幻想のグリムガル』 第五話
> ううむ、宵乃さんが脱落…こっちの方がショックだったりしますが…。

まぁ、そうですね・・・ ただ、宵乃さんの気持ちもわからない訳ではないので(笑)
仕方ないですよ。

> しっかり、予告でチラリ見た女性が神官として入ってきましたか。
> どうも薬という手段が無いのか高価なのか登場しないので、パーティの存続という意味では、神官はどうしても必要なんでしょうね。

そうなんですよね。
白くじらさんのお書きになっているように“キュア”の概念はあるのに
“やくそう”の存在は描かれないのは片手落ちの印象を受けます。
貧乏パーティには買えないほど高価なのかもしれませんが・・・
ちょっと無理がありますよね。

> 確かに、死の恐怖を持ったままという戦闘はなかったですね。
> 今までも死の恐怖はあったとも言えますけど…このままではお金も無くなり生活もできなくなるという状況では戦わなければならないんでしょうね。

> でも、モグゾーが激怒したのはよかったですね。

今回は本当に、そこら辺ぐらいしか良い所なかった感じですね・・・
コメントありがとうございました!!
by: きみやす * 2016/02/22 20:05 * URL [ 編集] | UP↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |

プロフィール

きみやす

Author:きみやす
ご訪問、ありがとうございます。

このブログは管理人である“きみやす”が
ひたすら、本やマンガの感想を
書き連ねていくブログです。

お手すきな時にでも
のぞいてみてください。

カテゴリー

最近の記事

ブログランキング

FC2ブログランキング

にほんブログ村 本ブログへ ランキングはこちらをクリック! BS blog Ranking 人気ブログランキングへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ブログランキングに参加しています。 よろしければ、ポチッとお願いします。

月別アーカイブ

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

最近のコメント

最近のトラックバック

QRコード

QR