信長協奏曲 13巻

信長協奏曲 13巻」(感想
(著)石井 あゆみ

相変わらず、おもしろいです。
時代はどんどんと動いて行っています。
サブローの正体も、幾人かにはバレましたが。

今回、興味を惹かれたのはミッチーこと(明智光秀)実は本物の織田信長が
今、戦国大名・信長として生きているサブローをどういう風に見ているのか語られるシーンがあり
「ああ、こんな風に思っていたんだ」と思ってしまいました。

読者が一番期待をしている“本能寺の変”がどのように描かれるのか。
このままだと、本能寺の変起こらないのでは?という感じなのですが・・・

“自分”を取り戻すために、光秀が起こすのか。
・・・『太閤立志伝』ばりに秀吉が起こすとか(笑)。

良く言われている信長の遺体が見つからないことにつなげるのか。
はたまた、天海僧正として光秀が生き残るのか。

果たして、どういう風に決着をさせるのか。

あとは、サブローも帰蝶さんも外見は最初の頃とあまり変わりませんが
(作中の天正6年、もう信長も40代半ば?のはずなんですけど・・・)
その辺が少し気になりました。
スポンサーサイト

テーマ:感想 - ジャンル:アニメ・コミック

20 : 00 : 00 | コミックス感想 | TB(0) | Comment(0) | UP↑

<<キング・オブ・トーキョー 日本語版&パワーアップ 日本語版 | ホーム | 僕だけがいない街>>

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |

プロフィール

きみやす

Author:きみやす
ご訪問、ありがとうございます。

このブログは管理人である“きみやす”が
ひたすら、本やマンガの感想を
書き連ねていくブログです。

お手すきな時にでも
のぞいてみてください。

カテゴリー

最近の記事

ブログランキング

FC2ブログランキング

にほんブログ村 本ブログへ ランキングはこちらをクリック! BS blog Ranking 人気ブログランキングへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ブログランキングに参加しています。 よろしければ、ポチッとお願いします。

月別アーカイブ

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

最近のコメント

最近のトラックバック

QRコード

QR