スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | UP↑

君と時計と嘘の塔 第一幕

君と時計と嘘の塔 第一幕」(感想
(著)綾崎 隼

大好きな女の子が死んでしまった―という悪夢を見た朝から、すべては始まった。
高校の教室に入った綜士は、ある違和感を覚える。
唯一の親友がこの世界から消え、その事実に誰ひとり気付いていなかったのだ。
綜士の異変を察知したのは『時計部』なる部活を作り時空の歪みを追いかける先輩・草薙千歳と、
破天荒な同級生・鈴鹿雛美。
新時代の青春タイムリープ・ミステリ、開幕!

タイムリープものと聞いては読まずにはいられないのですが(笑)
第一幕ってのがな・・・・と思っていたら
本当にその通りで。
この調子だと・・・
もう次の周で、頼りになる先輩とかが消えそうな予感しかしません。
同じく、タイムリープしているはずの雛美が誰を失っているのかも気になる所です。

スポンサーサイト

テーマ:読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

20 : 05 : 00 | 本感想 | TB(0) | Comment(0) | UP↑

<<僕は君を殺せない | ホーム | 身辺雑記>>

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |

プロフィール

きみやす

Author:きみやす
ご訪問、ありがとうございます。

このブログは管理人である“きみやす”が
ひたすら、本やマンガの感想を
書き連ねていくブログです。

お手すきな時にでも
のぞいてみてください。

カテゴリー

最近の記事

ブログランキング

FC2ブログランキング

にほんブログ村 本ブログへ ランキングはこちらをクリック! BS blog Ranking 人気ブログランキングへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ブログランキングに参加しています。 よろしければ、ポチッとお願いします。

月別アーカイブ

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

最近のコメント

最近のトラックバック

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。