神の水

神の水」(感想
(著)パオロ・バチガルピ

近未来アメリカ、地球温暖化による慢性的な水不足が続くなか、巨大な環境完全都市に閉じこもる一部の富裕層が、
命に直結する水供給をコントロールし、人々の生活をも支配していた。
米西部では最後のライフラインとなったコロラド川の水利権をめぐって、
ネバダ、アリゾナ、カリフォルニアといった諸州の対立が激化、一触即発の状態にあった。
敏腕水工作員(ウォーターナイフ)のアンヘルは、ラスベガスの有力者であるケースの命を受け、
水利権をめぐる闇へと足を踏み入れていく……。

再読。
同じ著者の作品『ねじまき少女』のむっとするような湿気のある作品世界とはまた別の世界。
ただし、こちらも渇いた砂漠の中で文字通り蠢くように物語は進んでいきます。

水(源)を奪い合うというと思わず『マッドマックス 怒りのデスロード』が頭に浮かびますが
どちらかというと、『ブラック・ラグーン』等の作品に系統は近いかもしれません。
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

00 : 00 : 55 | 本感想 | TB(0) | Comment(0) | UP↑

<<2.43清陰高校男子バレー部  1巻 | ホーム | リュウマのガゴウ 8巻>>

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |

プロフィール

きみやす

Author:きみやす
ご訪問、ありがとうございます。

このブログは管理人である“きみやす”が
ひたすら、本やマンガの感想を
書き連ねていくブログです。

お手すきな時にでも
のぞいてみてください。

カテゴリー

最近の記事

ブログランキング

FC2ブログランキング

にほんブログ村 本ブログへ ランキングはこちらをクリック! BS blog Ranking 人気ブログランキングへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ブログランキングに参加しています。 よろしければ、ポチッとお願いします。

月別アーカイブ

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

最近のコメント

最近のトラックバック

QRコード

QR