スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | UP↑

孤狼の血

孤狼の血」(感想
(著) 柚月 裕子
昭和六十三年、広島。所轄署の捜査二課に配属された新人の日岡は
ヤクザとの癒着を噂される刑事・大上のもとで
暴力団系列の金融会社社員が失踪した事件の捜査を担当することになった。

『仁義なき戦い』、好きだよね? だったら読んだ方がいいよ」と
友人である書店店長さんから勧められました。

もう、最初から最後まで、脳内再生されまくりでした(笑)。
あの作品が好きで好きでたまらない著者が書いたとおぼしき
あの広島弁、登場人物の台詞回しや行動にニヤニヤしっぱなしでした。

帯で評価されているハードボイルドとか悪徳警官小説ものというよりは
『仁義なき戦い』好きな著者がその世界観の中で書いた小説といった印象が強いです。
特に、エピローグ直前の年表なんて
あの映画のストップモーションを使った演出っぽく読めましたし

エピローグ直前の台詞なんて(笑)
もう「くるぞ、くるぞ・・・・はい来た―」って感じでした。



スポンサーサイト

テーマ:読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

20 : 45 : 00 | 本感想 | TB(0) | Comment(0) | UP↑

<<真実の10メートル手前 | ホーム | 有害都市 下巻>>

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |

プロフィール

きみやす

Author:きみやす
ご訪問、ありがとうございます。

このブログは管理人である“きみやす”が
ひたすら、本やマンガの感想を
書き連ねていくブログです。

お手すきな時にでも
のぞいてみてください。

カテゴリー

最近の記事

ブログランキング

FC2ブログランキング

にほんブログ村 本ブログへ ランキングはこちらをクリック! BS blog Ranking 人気ブログランキングへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ブログランキングに参加しています。 よろしければ、ポチッとお願いします。

月別アーカイブ

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

最近のコメント

最近のトラックバック

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。