有害都市 下巻

有害都市 下巻」(感想
(著)筒井 哲也

面白かったです。

表現と規制に真正面から向かったこの作品。

映画的にはこういったディストピア化した検閲社会みたいなものは良くみるのですが
そういうものとは違い
ものすごく近い場所で、物語が狩られていく感じ。
言葉尻を捉え、表面的にあえて解釈し、物語の命を奪って行く。
個人的には“毒”のある作品も必要だと思うのですが・・・

有害図書とはなにか?有識者とは?

確かに、ペンには剣より強いかも知れない。
だからこそ、モノを創る人だちが必死に作品と向かい合っているのでしょうし
表現によって、どのような影響を被ることになるか。
危惧するのも、わからないではないんですけども・・・

少なくとも今、この作品が出版されて、読めることそのこと自体を
素直に喜びたいです。
スポンサーサイト

テーマ:感想 - ジャンル:アニメ・コミック

00 : 00 : 00 | コミックス感想 | TB(0) | Comment(0) | UP↑

<<孤狼の血 | ホーム | うしおととら>>

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |

プロフィール

きみやす

Author:きみやす
ご訪問、ありがとうございます。

このブログは管理人である“きみやす”が
ひたすら、本やマンガの感想を
書き連ねていくブログです。

お手すきな時にでも
のぞいてみてください。

カテゴリー

最近の記事

ブログランキング

FC2ブログランキング

にほんブログ村 本ブログへ ランキングはこちらをクリック! BS blog Ranking 人気ブログランキングへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ブログランキングに参加しています。 よろしければ、ポチッとお願いします。

月別アーカイブ

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

最近のコメント

最近のトラックバック

QRコード

QR