スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | UP↑

朝が来る

朝が来る」(感想
(著)辻村 深月 

話そのものの内容には触れませんが、人間の感情の表層と深層の描き方が良い。
特に、多くの登場人物たちの表層の部分があることで剥がれ、本音が露出するところの描写は見事です。

ラストはもっと読みたかったという気持ちと、ここで終わって良かったというのが等分にあります。

もっと“親”と“子”とは何かを掘り下げていくのか。
ミステリ的な展開にも持っていけたでしょう。
(ただ、そうした場合には倍ぐらいの量が必要だったかもしれません)
あえて、ここで終わらせたのかな・・・という気もします。
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

20 : 00 : 00 | 本感想 | TB(0) | Comment(0) | UP↑

<<銀狼ブラッドボーン 2巻 | ホーム | 私は存在が空気>>

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |

プロフィール

きみやす

Author:きみやす
ご訪問、ありがとうございます。

このブログは管理人である“きみやす”が
ひたすら、本やマンガの感想を
書き連ねていくブログです。

お手すきな時にでも
のぞいてみてください。

カテゴリー

最近の記事

ブログランキング

FC2ブログランキング

にほんブログ村 本ブログへ ランキングはこちらをクリック! BS blog Ranking 人気ブログランキングへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ブログランキングに参加しています。 よろしければ、ポチッとお願いします。

月別アーカイブ

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

最近のコメント

最近のトラックバック

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。