自殺島 14巻

自殺島 14巻」(感想
(著)森 恒二

まず、表紙が『ホーリーランド』してて笑ってしまいました。

最新の『ヤング・アニマル』を読んだ時に、著者の森先生が新日本プロレスの棚橋弘至選手と対談してて。
対談の内容もさることながら、まずは森先生の外見に「おおっ・・・!!」って驚いてしまいました。

もう、本当にレスラーって紹介されてもすぐに納得するレベルです。

『ホーリーランド』実写化の際の時のインタビュー等の画像ではただ単に“ガタイの良い人”という印象が強かった。
そして、この人が描くのであれば、格闘シーンも納得できるとおもったのですが。

目次のコメント欄に“マンガ家としての方向性について悩んでます・・・”というコメントに吹き出してしまいました。

さて、最新刊ですが、本当に“ボウシ”と“カイ”のやり取りが、本当に今巻のキモです。
自殺島というショッキングな名前でありながらも
きちんと、生きる事に向き合って来た者たちとそこに来ても変わることの出来なかった者の差が
端的に描かれます。
スポンサーサイト

テーマ:感想 - ジャンル:アニメ・コミック

20 : 00 : 00 | コミックス感想 | TB(0) | Comment(0) | UP↑

<<記憶破断者 | ホーム | スペクター>>

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |

プロフィール

きみやす

Author:きみやす
ご訪問、ありがとうございます。

このブログは管理人である“きみやす”が
ひたすら、本やマンガの感想を
書き連ねていくブログです。

お手すきな時にでも
のぞいてみてください。

カテゴリー

最近の記事

ブログランキング

FC2ブログランキング

にほんブログ村 本ブログへ ランキングはこちらをクリック! BS blog Ranking 人気ブログランキングへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ブログランキングに参加しています。 よろしければ、ポチッとお願いします。

月別アーカイブ

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

最近のコメント

最近のトラックバック

QRコード

QR