スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | UP↑

スペクター

スペクター」(感想
監督サム・メンデス
主演ダニエル・クレイグ

前作『スカイフォール』があまりにも良く。
大画面で観なかったことを強く後悔したので
今回はすぐに観にいったのですが・・・

逆に期待しすぎたのか。
予告編も良かっただけに・・・

シリーズのお約束を入れながら、話を展開させるのには
いまいち、とっちらかった印象。

このシリーズが好きだった伊藤 計劃氏だったらどう感じたろうと
ぼんやり思った次第です。
『スカイフォール』の時は
敵である、ラウルはボンドと同じM16のエージェントであった過去を持ち
上司であるMによって裏切られたと思っている。
いわゆる、ボンドの影とも言える。

この作品の序盤でボンド自体も、M自身の指令よって撃たれます。
そこで上司Mとの亀裂が生じるが・・・彼は彼女の危機の為に戻る。

(自分の仕事は何かと問われて“resurrection”- 復活・蘇生と語るのも含めて)

ある意味、Mを母とする二人の息子の争いとも読めます。

テニスンの詩とリンクしているのがとても素晴らしい。

そして最後での“スカイフォール”での戦い。
自分のルーツを再確認する。
結局、ボンドの“個”の戦いに収束していく。
最終的には、様々なものを失いながらも自分の“仕事”に戻っていく。

『スペクター』の場合は期待した割には
“敵”が敵としてきちんと成立していない印象が強かったです。
会議のシーンはとても良かったけども・・・それから先がなぁ。

世界最大級の爆発シーンっていわれても、敵のボスをやっつけると(一応)
敵の基地が連動して何故か、爆発って。

今時、東映の戦隊物でもその手法は使わない気が・・・しますよ。
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

20 : 00 : 00 | 映画・アニメ・DVD・TV感想 | TB(0) | Comment(0) | UP↑

<<自殺島 14巻 | ホーム | うしおととら>>

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |

プロフィール

きみやす

Author:きみやす
ご訪問、ありがとうございます。

このブログは管理人である“きみやす”が
ひたすら、本やマンガの感想を
書き連ねていくブログです。

お手すきな時にでも
のぞいてみてください。

カテゴリー

最近の記事

ブログランキング

FC2ブログランキング

にほんブログ村 本ブログへ ランキングはこちらをクリック! BS blog Ranking 人気ブログランキングへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ブログランキングに参加しています。 よろしければ、ポチッとお願いします。

月別アーカイブ

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

最近のコメント

最近のトラックバック

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。