紙の動物園

紙の動物園」(感想
(著)ケン・リュウ

表題作と「もののあはれ」だけでも、購入する価値のある短編集。
15作品の中に懐かしいテイストのものもあれば、「よくこんなことを考えつくなぁ」と感嘆するものもあり。
そして、訳のやわらかい文章が、この作品にぴったりでした。

できれば、(特に)表題作は、
予備知識なく読んでいただくことをお勧めします。
本当に
表題作のラストで、涙腺と胸の奥を貫かれて、朝から涙目でした。

あとがきを読んで、著者の他分野に対する才能と
この経歴だからこそ、書ける物語もあり
色々と考えさせられました。
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

23 : 58 : 02 | 本感想 | TB(0) | Comment(0) | UP↑

<<叛逆航路 | ホーム | カールの降誕祭(クリスマス)>>

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |

プロフィール

きみやす

Author:きみやす
ご訪問、ありがとうございます。

このブログは管理人である“きみやす”が
ひたすら、本やマンガの感想を
書き連ねていくブログです。

お手すきな時にでも
のぞいてみてください。

カテゴリー

最近の記事

ブログランキング

FC2ブログランキング

にほんブログ村 本ブログへ ランキングはこちらをクリック! BS blog Ranking 人気ブログランキングへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ブログランキングに参加しています。 よろしければ、ポチッとお願いします。

月別アーカイブ

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

最近のコメント

最近のトラックバック

QRコード

QR