アデスタを吹く冷たい風

アデスタを吹く冷たい風」(感想
(著)トマス・フラナガン

風が吹き荒さぶ中、闇を裂いてトラックがやってきた。
運転する商人は葡萄酒を運んでいると主張する。
だが職業軍人にして警察官のテナント少佐は、商人が銃の密輸人だと直感した。
強制的に荷台を調べるが、銃は見つからずトラックは通過してゆく。
次は必ず見つけだす……テナントがくだした結論は?

「復刊希望アンケート」で二度No1に輝いた7篇収録の名短篇集、ついに初文庫化。

先週、久しぶりに県外の出張に行くことになり
仕事を終えた後に、本屋に立ち寄り、思いっきり散財をさせていただきました。
そのうちの一冊だったのですが。

本当に、楽しませて頂きました。
「ごちそう様でした!!」と読み終えたあとに言ってしまったほどです。

正直、巻末の解説を読む方が分かりやすいのですが
架空の“共和国”(とは名ばかりの独裁政権下)を舞台に
「体制」と「事件」の狭間で主人公・テナントがどのように動くのか。
“共和国”についても、テナントについてもそこまでページは費やされないにも関わらず
きっちりとその姿が浮かび上がるのは、凄いとしか言いようがありません。
彼を主人公にした作品が4編。

その他の3編も全く、違う味付けで楽しめました。

スポンサーサイト

テーマ:読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

23 : 58 : 50 | 本感想 | TB(0) | Comment(0) | UP↑

<<殺人者たちの王 | ホーム | うしおととら>>

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |

プロフィール

きみやす

Author:きみやす
ご訪問、ありがとうございます。

このブログは管理人である“きみやす”が
ひたすら、本やマンガの感想を
書き連ねていくブログです。

お手すきな時にでも
のぞいてみてください。

カテゴリー

最近の記事

ブログランキング

FC2ブログランキング

にほんブログ村 本ブログへ ランキングはこちらをクリック! BS blog Ranking 人気ブログランキングへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ブログランキングに参加しています。 よろしければ、ポチッとお願いします。

月別アーカイブ

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

最近のコメント

最近のトラックバック

QRコード

QR