屋根裏の散歩者(2回目)

屋根裏の散歩者」(感想
(監督)実相寺 昭雄
(主演)三上 博史

今回の第二回秋のミステリー企画第6作目はこの作品です。

横溝先生を取り上げたなら、やはり、乱歩先先生もというわけではないのですが。
この作品も犯人の“動機”に驚かされた作品です。
(心理学的に、深読みはいくらでもできそうですが・・・)

ここではあえてそちらには踏み込まず、登場人物たちが語った通りの動機で
物語を捉えていきます。
いわゆるデカダンにどっぷりと浸かり、どこの下宿に行っても対して変わらない。
同じような人間が、同じように生きているだけだと人生や世間に
冷めた視点を向けていた主人公・郷田三郎。

彼は、些細な偶然から屋根裏に行けることを発見し
屋根裏の下で行われている様々な事柄を覗き見ることで
人が自室で何を行っているか、知らず知らずのうちに人間の多様性にも
触れていきます。
最初はそれを覗き見ることで満足していたのですが。
覗視者の優位性だけでは飽きたらず

彼はある行動に踏み切ります。

改めて観ると今まで興味のなかった屋根裏の下の生活の描写にも
意味があったのかなと思います。

そして、『蜘蛛の糸』も思いだしました。
子供の頃から、不思議なんですよね、あの話(笑)

お釈迦様はなんでカンダタを救おうと思ったのか。
(カンダタよりも酷い悪人ってとんでもないな~)とか
「蜘蛛、助けたからオレ、地獄に堕ちても大丈夫だ!!」自慢げに話していたクラスメートの
ことを思い出します。(地獄に堕ちるのが前提なのかよ)ってクラス中からつっこまれてましたが。

もちろん、お釈迦様の慈悲の心と、カンダタの愚かさの対比。
自分だけ助かりたいという気持ち(我欲)を戒めているのは、わかるのですが。

そもそも、助けるのであれば、最後までお願いしますよ。という気持ちになります。
安易に、期待を持たせるのも、どうなの?とか。
僧侶の友人にこの話をしたときに小乗仏教と大乗仏教の話にもっていかれた時には
さすがにお互い「そりゃ、強引じゃねえ」と笑いましたが。
やはり、自分のような不心得者には、ちょっと難しいようです。

話が豪快に逸れましたが

この作品では、犯人と似ている人物が2人登場します。
彼らの役割も納得してしまいます。
メインとなるトリックもある本では、現実的には不可能と書かれていましたが。

それよりも、ラストでの犯人と探偵と会話とその顛末。
探偵が犯人に口にする言葉の意味。

その言葉によって
実相寺監督の手により、美しく、荘厳にすら見える屋根裏の景色も
観客の中で、単なる屋根裏に戻っていくのも印象深いです。
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

20 : 00 : 00 | 映画・アニメ・DVD・TV感想 | TB(0) | Comment(2) | UP↑

<<感情8号線 | ホーム | 本陣殺人事件 (2回目)>>
コメント
コメントありがとうございました
おかげさまでなんとか復活しました。
きみやすさんも風邪にはご注意下さいね。

この作品は未見ですが、きみやすさんの感想の最後の段落を読んだだけで、なんだかすごい作品なんだというのが伝わってきました。ネタバレなしで観たいと思わせる文章が書けるなんてさすが!

>『蜘蛛の糸』

これってどうやったら正解だったんでしょうね。みんなを説得して一人づつ順番に、とか?…そりゃ、無理だよ~。

今回もたくさんの作品で参加して下さってありがとうございました♪
by: 宵乃 * 2015/11/04 14:02 * URL [ 編集] | UP↑

宵乃さん こんにちは!!
> おかげさまでなんとか復活しました。
良かったです。

> きみやすさんも風邪にはご注意下さいね。
了解しました。

> この作品は未見ですが、きみやすさんの感想の最後の段落を読んだだけで、なんだかすごい作品なんだというのが伝わってきました。ネタバレなしで観たいと思わせる文章が書けるなんてさすが!
いえいえ。
中盤は「うーん」そこ別に興味ないんだけど・・・と思うことは多々あったのですが。
終盤は今見ても、「おおっ・・・」となりますので
是非機会があれば、観られてみてください。

> 『蜘蛛の糸』

> これってどうやったら正解だったんでしょうね。みんなを説得して一人づつ順番に、とか?…そりゃ、無理だよ~。

未だに、答えがでません(笑)
『ヨブ記』もそうなんですが、やっぱり純粋な信仰心がある人間でないと、出来ないのかもしれません。
自分のような人間にはとても無理です。

> 今回もたくさんの作品で参加して下さってありがとうございました♪
いえいえ。今回も楽しかったです。

宵乃さんも無理されないように!! それでは また。
by: きみやす * 2015/11/04 15:24 * URL [ 編集] | UP↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |

プロフィール

きみやす

Author:きみやす
ご訪問、ありがとうございます。

このブログは管理人である“きみやす”が
ひたすら、本やマンガの感想を
書き連ねていくブログです。

お手すきな時にでも
のぞいてみてください。

カテゴリー

最近の記事

ブログランキング

FC2ブログランキング

にほんブログ村 本ブログへ ランキングはこちらをクリック! BS blog Ranking 人気ブログランキングへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ブログランキングに参加しています。 よろしければ、ポチッとお願いします。

月別アーカイブ

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

最近のコメント

最近のトラックバック

QRコード

QR