砂の栄冠 24巻

砂の栄冠 24巻」(感想
(著)三田 紀房

夏の甲子園準決勝・花湧東戦ですが
少々、長くなりすぎてしまった感のあるこの作品。

実際の所、(個人的には実際の決勝戦の様相を呈していたある試合が終わった為)
どんなに、最強といわれるライバル・大月翔真率(大谷翔平がモデル)との投手戦が繰り広げられても
いまいちノレない感じがあります。

この作品は既存の高校野球マンガから
如何に逸脱するか

甲子園とは何か。
“一千万で、甲子園を買え”の1巻の帯のように
全く、違った視点から描いていたのが面白く

なおかつ、監督のガーソがこれでもかというぐらい俗物で。
戦略もなく、主人公の邪魔になっていくのが楽しくて
主人公たちが黒くなっていく様も見応えがあったのですが
今は、純粋な野球マンガになってしまったので
どこを着地するのか、(タイトルを含め) 今はその興味が一番強いです。
スポンサーサイト

テーマ:感想 - ジャンル:アニメ・コミック

20 : 00 : 00 | コミックス感想 | TB(0) | Comment(0) | UP↑

<<トクサツガガガ 1~3巻 | ホーム | BILLY BAT 17巻>>

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |

プロフィール

きみやす

Author:きみやす
ご訪問、ありがとうございます。

このブログは管理人である“きみやす”が
ひたすら、本やマンガの感想を
書き連ねていくブログです。

お手すきな時にでも
のぞいてみてください。

カテゴリー

最近の記事

ブログランキング

FC2ブログランキング

にほんブログ村 本ブログへ ランキングはこちらをクリック! BS blog Ranking 人気ブログランキングへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ブログランキングに参加しています。 よろしければ、ポチッとお願いします。

月別アーカイブ

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

最近のコメント

最近のトラックバック

QRコード

QR