スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | UP↑

王とサーカス

王とサーカス」(感想
(著)米澤 穂信

2001年、新聞社を辞めたばかりの太刀洗万智は、知人の雑誌編集者から海外旅行特集の仕事を受け
事前取材のためネパールに向かった。
王宮で国王をはじめとする王族殺害事件が勃発する。太刀洗はジャーナリストとして早速取材を開始するのだが・・・

『さよなら妖精』で青春の光と影をしっかりと描いていたのですが
それから10年。(著者自身も)
今回の主人公である太刀洗 万智(タチアライ マチ)を10年たち社会人として
異国の地を踏み、ある事件に遭遇します。

そこで語られていることは最近の日本の社会でもいえる事であり
主人公が他人からも問われ、自問自答するように
“何故?取材をするのか。写真を撮るのか。記事を書くのか?”

やはり、10年経った分、著者の書きたかったことを
『さよなら妖精』の時から、じっくりと重みを増しています。
おすすめです。
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

20 : 00 : 00 | 本感想 | TB(0) | Comment(0) | UP↑

<<武士道ジェネレーション | ホーム | NHK 高校講座 芸術 漫画はやっぱりおもしろい~人物~>>

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |

プロフィール

きみやす

Author:きみやす
ご訪問、ありがとうございます。

このブログは管理人である“きみやす”が
ひたすら、本やマンガの感想を
書き連ねていくブログです。

お手すきな時にでも
のぞいてみてください。

カテゴリー

最近の記事

ブログランキング

FC2ブログランキング

にほんブログ村 本ブログへ ランキングはこちらをクリック! BS blog Ranking 人気ブログランキングへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ブログランキングに参加しています。 よろしければ、ポチッとお願いします。

月別アーカイブ

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

最近のコメント

最近のトラックバック

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。