悪意の波紋

悪意の波紋」(感想
(著)エルヴェ・コメール



40年前の100万ドル強奪事件。
当時犯行グループの一人だった老人のもとを記者の女性が訪れた。
静かな余生も最早これまでか?
他方、失恋で傷心中の青年イヴァンは、TVで元恋人が“元カレから届いたラブレター”を
面白おかしく曝すのを見てショックを受ける。
手紙を奪回すべく、彼女の実家へ赴くが・・・。

読み始めると、どんどん話が進んでいって
その引き込む力は結構なものでしたが・・・

ただ、最後の最後になってからの主人公の行動には
いささか感情移入は難しかったです。

ただ、こればっかりは人によるのでなんとも難しい所です。


スポンサーサイト

テーマ:読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

20 : 00 : 00 | 本感想 | TB(0) | Comment(0) | UP↑

<<脳内ポイズンベリー 5巻 | ホーム | あぶない叔父さん>>

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |

プロフィール

きみやす

Author:きみやす
ご訪問、ありがとうございます。

このブログは管理人である“きみやす”が
ひたすら、本やマンガの感想を
書き連ねていくブログです。

お手すきな時にでも
のぞいてみてください。

カテゴリー

最近の記事

ブログランキング

FC2ブログランキング

にほんブログ村 本ブログへ ランキングはこちらをクリック! BS blog Ranking 人気ブログランキングへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ブログランキングに参加しています。 よろしければ、ポチッとお願いします。

月別アーカイブ

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

最近のコメント

最近のトラックバック

QRコード

QR