スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | UP↑

考えるヒント

考えるヒント (文春文庫)考えるヒント (文春文庫)
(2004/08)
小林 秀雄

商品詳細を見る

考えるヒント」(感想
(著)小林 秀雄

立て続けに“振りこめ詐欺”の本を読んだせいか
ふと、“良心”というものを考えた時に

“本居宣長が、見破っていたように、恐らく、良心とは、理智ではなく情なのである。
彼は、人生を考えるただ一つの確実な手がかりとして、内的に経験される人間の「実情」というものを選んだ”

という文章がぼんやりと浮かんできたので再読しました。

正直、いまだに歯が立たないと思う文章も多く
本当に死ぬまで、この本を理解できる自信はないのですが
時折、引っ張り出して読む。

それがこの本と自分の距離感としてはもっとも適切な気がします。
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

20 : 00 : 00 | 本感想 | TB(0) | Comment(0) | UP↑

<<人魚と金魚鉢 | ホーム | 職業”振り込め詐欺” (ディスカヴァー携書) >>

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |

プロフィール

きみやす

Author:きみやす
ご訪問、ありがとうございます。

このブログは管理人である“きみやす”が
ひたすら、本やマンガの感想を
書き連ねていくブログです。

お手すきな時にでも
のぞいてみてください。

カテゴリー

最近の記事

ブログランキング

FC2ブログランキング

にほんブログ村 本ブログへ ランキングはこちらをクリック! BS blog Ranking 人気ブログランキングへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ブログランキングに参加しています。 よろしければ、ポチッとお願いします。

月別アーカイブ

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

最近のコメント

最近のトラックバック

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。