スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | UP↑

『寄生獣 セイの格率 第23話』観ました。

『寄生獣 セイの格率 第23話』観ました。

確実な0だ!!
この棒だって使えるだろうか
ただの棒とは限らない
この先に大きな部品でもついていたらどうする?
引き抜くこともできないじゃないか
ただの棒だとしても変に曲がっていたらだめだし
長すぎても短すぎてもだめだ

第一「後藤」のスピードにかなうか?
いまはそっぽを向いていても
こっちが起きあがればすぐに気づく
ヤツの体に触れる以前におれの体が
2つか3つに切り裂かれ・・・・・
いや起きあがるまえだ、それどころか
もう次の瞬間かもしれない

なんだ・・・・・・ほとんど可能性ゼロに近いじゃないか!

・・・・・・・・・でもやらなけりゃ・・・・・・確実な0(ゼロ)だ!!


一匹の人間だ
おれはちっぽけな・・・・・・1匹の人間だ。
せいぜい小さな家族を守る程度の・・・・・・”


きみは悪くなんかない

きみは悪くなんかない・・・・・・。
でも・・・・・・ごめんよ・・・・・・・・・


この流れ、何度読み返したことか。
無敵の存在である“後藤”との戦い。
ミギーが居ないからこそ、近づけたという設定の妙。

戦闘中に“死”に惹かれるかのように、自分の命を投げ出すことが使命の様に感じていた新一が
戦えることを自覚し。
美津代さんの言葉によって
多くの事に考えをめぐらす所の描写が秀逸。

これで1ヶ月待った当時の読者の一人としては
(思い入れが強いので)

アニメでの描写は少々物足りない気もしますが
動きや時間等を考えたら、あれが最善かもしれません。

そして、「なぜ、プロテクターの隙間が分かった?
なぜ 硬質化の隙間が分かった?」(アニメでは)

ここも前回の市役所戦の伏線が生きていたりしますね。

ミギーの復活。このシンプルな「やぁ」という言葉が素敵です。

そして、最強生物「後藤」を苦しめたのは人間の捨てたゴミという皮肉。

ミギーが「後藤」を殺さない理由も
「(新一)ほんっっと 情のかけらもない!! (ミギー)だからそうだってば」のところから
本当に遠く離れていますね。

「後藤」の処遇に関して、あとがきでも著者が悩んでいたことが明らかになりますが。

最初に、「後藤」を殺さずに立ち去ろうとしますが
ミギーの言葉も含め
新一は1匹の人間(万物の霊長でもなく)ただの1匹の生物として
世界を守るとか、そんなお題目でなく
自分の出来る範囲の命の為に
自らの意志で、(ミギーの力を借りず)自ら手を汚します。

ラストが駆け足だったのが・・・
美津代さんのセリフがあったのはやっぱりぐっときます。

あの、自分たちの町へ向かう、新一とミギーの後姿は
「日常」に帰還するのを明示しており。
「神話」の世界に突入した『デビルマン』と一番の差異だと思っているので
もう少し、余韻が欲しかったなと、もったいない気がします。

さて、最終話。
期待しています。
スポンサーサイト

テーマ:感想 - ジャンル:アニメ・コミック

20 : 00 : 00 | 映画・アニメ・DVD・TV感想 | TB(0) | Comment(2) | UP↑

<<『四月は君の嘘 第二十二話』観ました。 | ホーム | 2代目社長のための100年続く経営術──親が安心して会社を譲れる!>>
コメント

ミギー帰ってきて良かった(涙)
一人で戦って色々覚悟したところで現れたので、やっぱり相棒はミギーしかいない、このコンビは最高だなと思いました。
以前との違いもしみじみといいな~。
新一の葛藤も考えさせられました。作者さんも悩んだ末だったんですね。
最終回が待ち遠しいです。
by: 宵乃 * 2015/03/20 12:04 * URL [ 編集] | UP↑

宵乃さん こんにちは。
> ミギー帰ってきて良かった(涙)
ですよね~。自分も分かっていてもうるっとしてしまいました。

> 一人で戦って色々覚悟したところで現れたので、やっぱり相棒はミギーしかいない、このコンビは最高だなと思いました。

> 以前との違いもしみじみといいな~。
そうなんですよね。昔のミギーとは確実に違う感じが
なんともいいんですよね。

> 新一の葛藤も考えさせられました。作者さんも悩んだ末だったんですね。
「後藤」が復活して、(人間との闘争に飽きて)自然に帰るというのも構想にあったみたいですが
自分の中で「無責任」と思ったらしいです。

新一は、きちんと考えた末に、今までと違った意味で“手を汚す”訳ですが
ここの戻って来るところに(葛藤が感じられてとても好きです)
寄生生物にある一定の理解を示しながらも
自分の家族を守る為、1匹の(人間という)生物として。

> 最終回が待ち遠しいです。
自分も楽しみにしています。
by: きみやす * 2015/03/23 17:54 * URL [ 編集] | UP↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |

プロフィール

きみやす

Author:きみやす
ご訪問、ありがとうございます。

このブログは管理人である“きみやす”が
ひたすら、本やマンガの感想を
書き連ねていくブログです。

お手すきな時にでも
のぞいてみてください。

カテゴリー

最近の記事

ブログランキング

FC2ブログランキング

にほんブログ村 本ブログへ ランキングはこちらをクリック! BS blog Ranking 人気ブログランキングへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ブログランキングに参加しています。 よろしければ、ポチッとお願いします。

月別アーカイブ

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

最近のコメント

最近のトラックバック

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。