スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | UP↑

キリストゲーム CIT内閣官房サイバーインテリジェンスチーム

キリストゲーム CIT内閣官房サイバーインテリジェンスチーム (講談社ノベルス)キリストゲーム CIT内閣官房サイバーインテリジェンスチーム (講談社ノベルス)
(2012/04/05)
一田 和樹

商品詳細を見る

キリストゲーム CIT内閣官房サイバーインテリジェンスチーム」(感想
(著)一田 和樹

201X年『キリストゲーム』とよばれるゲームが若者の間で流行する。
『導き手』のためになる“何か”をした後、『救い主』が自殺する、というのがそのルール。
『導き手』と『救い主』が出会うためのネットサービス『法王庁』の参加者は百万人を超え
毎日数十人の『救い主』が自ら命を絶つことに。
その危機を打破するため、内閣官房管轄下の諜報組織CITは動き出すのだが・・・

(あとがきでも書かれていますが)
今までのこの著者の作品群とは、一風変わった仕掛け(アイデア)と投入して
そこを許容できるかどうかで面白さは変わってくるかと思います。

ただし、キャラクターのインパクトの強さが半端なく
箱崎早希というキャラクターがもう笑ってしまう。
上司も上司と思わない。
綾波のフィギュアを飾っている上司を嘲る(笑)ような言動をしてみたかと思うと
「碇ゲンドウみたいに(略)」なんて言葉も口にする。
・・・結局、知ってるじゃん。
(っておそらくは読者の大多数がツッコミを入れるところがあったり)

別シリーズの君島も登場してくれます。
個人的には満足のいく作品でした。
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

22 : 30 : 00 | 本感想 | TB(0) | Comment(0) | UP↑

<<ダーウィンズゲーム 6巻 | ホーム | 暗殺教室 13巻>>

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |

プロフィール

きみやす

Author:きみやす
ご訪問、ありがとうございます。

このブログは管理人である“きみやす”が
ひたすら、本やマンガの感想を
書き連ねていくブログです。

お手すきな時にでも
のぞいてみてください。

カテゴリー

最近の記事

ブログランキング

FC2ブログランキング

にほんブログ村 本ブログへ ランキングはこちらをクリック! BS blog Ranking 人気ブログランキングへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ブログランキングに参加しています。 よろしければ、ポチッとお願いします。

月別アーカイブ

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

最近のコメント

最近のトラックバック

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。