スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | UP↑

悲嘆の門

悲嘆の門(上)悲嘆の門(上)
(2015/01/15)
宮部 みゆき

商品詳細を見る

悲嘆の門(下)悲嘆の門(下)
(2015/01/15)
宮部 みゆき

商品詳細を見る
悲嘆の門」(感想
(著)宮部 みゆき

うーん。なんとも、感想を述べにくい作品でした。

帯が上手いというか期待を煽ってくれたので
宮部みゆきの物語世界、さらなる高みへ!

このめくるめく結末に震撼せよ。


ここまで、煽られると(笑)
こちらとしても、自然とハードルが上がってしまって
なかなか、冷静に感想が書けません。

ミステリと思って読みだすと、ちょっと意外な展開で
自分の中でのフィクションつまみ(笑)を調節するのに時間がかかりました。

主人公の青年が
この著者が得意とする“まっとうな青年”であり
その分、他の登場人物の歪みなどが、際立つのですが・・・

ラストの最後の最後で、ある“救い”が用意されているのが
良いのか、悪いのか。

単独で読んだのですが
作品世界がリンクしているであろう
『英雄の書』を読んだ方が理解が深まるのか・・・?

ただ、この作品のテーマの一つであろう“言葉”
普段使う言葉、ネットに記した言葉。
そういったものは消えずに蓄積していく。
(大意)というものには深く考えさせられました。
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

23 : 00 : 00 | 本感想 | TB(0) | Comment(0) | UP↑

<<もしも遠隔操作で家族が犯罪者に仕立てられたら ~ネットが生み出すあたらしい冤罪の物語 | ホーム | 100分de名著 フランケンシュタイン>>

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |

プロフィール

きみやす

Author:きみやす
ご訪問、ありがとうございます。

このブログは管理人である“きみやす”が
ひたすら、本やマンガの感想を
書き連ねていくブログです。

お手すきな時にでも
のぞいてみてください。

カテゴリー

最近の記事

ブログランキング

FC2ブログランキング

にほんブログ村 本ブログへ ランキングはこちらをクリック! BS blog Ranking 人気ブログランキングへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ブログランキングに参加しています。 よろしければ、ポチッとお願いします。

月別アーカイブ

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

最近のコメント

最近のトラックバック

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。