スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | UP↑

オネアミスの翼

王立宇宙軍 オネアミスの翼 [Royal Space Force-The Wings of Honneamise] [Blu-ray]王立宇宙軍 オネアミスの翼 [Royal Space Force-The Wings of Honneamise] [Blu-ray]
(2008/07/25)
森本レオ、弥生みつき 他

商品詳細を見る

オネアミスの翼」(感想
監督・脚本山賀 博之

今回のブログ・DE・ロードショーはこの作品でした。

この作品も物凄く好きな作品で、最初に観た時、高校生だったと思いますが
あまりの出来の良さに ポカーンとなって
三回立て続けに観たのを思い出します。

OPのセリフと音楽(坂本龍一)の入り方は本当に好き。

・・・いいことなのか それとも 悪い事なのか、わからない。
でも、多くの人間がそうであるように、俺もまた自分の生まれた国で育った。
そして、ごく普通の中流家庭に生まれつく事ができた。
だから、貴族の不幸も、貧乏人の苦労も知らない。
別に、知りたいとも思わない。

・・・・子供の頃は、水軍のパイロットになりたかった。
ジェットに乗るには、水軍に入るしかないからだ。

速く、高く・・・空を飛ぶ事はなによりも、素晴らしく、美しい。
でも、学校を卒業する二ヶ月前、そんなものにはなれないってことを、・・・成績表が教えてくれた。

・・・だから、宇宙軍に入った。


形ばかりの「宇宙軍」
主人公であるシロツグ・ラーダットは
その「宇宙軍」の中で熱意もなく、ただ、だらだらと適当に訓練をこなし
自堕落に過ごしていた。
そんなある日。布教活動を行う少女・リイクニとの出会いをきっかけに
宇宙を目指すことになる・・・。

やっぱり、何者でもない人間が何者かになろうとする。
ある意味、王道の青年の成長譚ともいえますが
主人公・シロツグが、何者かになろうと意志する理由。
それは、とても英雄的なものではなくただ、単にある少女に良い恰好をしたい。
もしくは、そのように見られたいという、ごくごく単純な動機で。

当時の少年から青年の途上にあった自分としては
非常に良く判る動機でした(笑)

それから、形だけ・張りぼてとバカにされていた「宇宙軍」は
初めて、本格的に機能をし始め、紆余曲折を迎えながら
物語は進んでいきます。

そして、その中でシロツグ自身も社会の中である種のレッテルを貼られて
社会に組み込まれていきます。

ここでのシロツグの表情・ラストの言葉。
何回聞いても、胸に深い衝撃を与えます。

リイクニというヒロインの収まりの悪さも、この作品にいいアクセントを加えています。
とてもリアルというか。予定調和の逸脱というか。
(貞本 義行氏の画集か何かで、リイクニはヒロインになれないヒロインという記述があり、なるほどと思ったのですが)
結局、リイクニはシロツグ自身に影響を与えつつも
(おそらくは)今後、彼と彼女の人生が交わることはないような気がします。

シロツグは大きく変わった。変わらざるを得なかった。
リイクニは大きくは変わらなかった。
でも、それでも彼女は彼女の人生を歩いていくのが提示されていて
オッサンになった今、そのことが妙に納得がいく気がします。
スポンサーサイト

テーマ:感想 - ジャンル:アニメ・コミック

23 : 50 : 00 | 映画・アニメ・DVD・TV感想 | TB(0) | Comment(4) | UP↑

<<恋は光 1~2巻 | ホーム | 翼を持つ少女 BISビブリオバトル部>>
コメント

全く知らなかった作品です。結構有名な作品なんですかね?
高校生がぽかーんとしてしまうくらい出来のよい作品ですか~。それはぜひいつか観てみたいです!
森本レオが声優をやってるのも気になりますね。おじさんになってからの彼の印象が強いので、若い主人公の声というのが想像つかない(笑)

思い入れの強い作品で参加して下さって嬉しいです。
いつもありがとうございます♪
by: 宵乃 * 2015/02/03 13:33 * URL [ 編集] | UP↑

宵乃さん こんばんは!!
> 全く知らなかった作品です。結構有名な作品なんですかね?

ガイナックスの一番最初の商業用アニメーションになります。

> 高校生がぽかーんとしてしまうくらい出来のよい作品ですか~。それはぜひいつか観てみたいです!
今でも、ロケットの発射のシーン。
それから先のシーンも、ため息が出る位です。

> 森本レオが声優をやってるのも気になりますね。おじさんになってからの彼の印象が強いので、若い主人公の声というのが想像つかない(笑)

もう、その当時も中堅の俳優さんだったので、シロツグの何とも言えない茫洋とした感じに
声がとてもあっています。

> 思い入れの強い作品で参加して下さって嬉しいです。
本当は『悪の華』や『AKIRA』や『あしたのジョー2』
『銀河鉄道999』等も考えていたのですが、ちょっとバタバタして時間がとれませんでした。
 
> いつもありがとうございます♪
こちらのほうこそ、ありがとうございます!!
by: きみやす * 2015/02/03 18:09 * URL [ 編集] | UP↑
こちらも観ました
狙ったわけじゃないのに「ライト・スタッフ」の次の日に観ました。
ホント、信じられないくらい描き込みが丁寧で、描かれているのが別の世界だという事を忘れるくらいリアリティがあります。
森本レオの声も意外なほど合ってましたね。
ガイナックスの本気度が伺えます。

ただ、女の子の首の紐を引っ張ったり、雑にぽいっと放すシーンはちょっと…。丁寧に描かれてるからこそ、怖いなぁと思ってしまいました。どうやら小さい頃に観てたみたいで。

でも、クライマックスの打ち上げはホントすごかったですね~。感動でウルウルきました。青春映画として、アニメを観ない人にも知ってほしい作品だと思います。
ご紹介下さってありがとうございました♪
by: 宵乃 * 2015/06/19 17:04 * URL [ 編集] | UP↑

宵乃さん こんばんは。
> 狙ったわけじゃないのに「ライト・スタッフ」の次の日に観ました。
ある意味、ベストなタイミングですね。

> ホント、信じられないくらい描き込みが丁寧で、描かれているのが別の世界だという事を忘れるくらいリアリティがあります。
> 森本レオの声も意外なほど合ってましたね。

OPやラストのセリフが凄く好きで。
(成績表の下り)挫折のあと、茫洋としつつも、目的もなくなんとなく生きている彼が
宇宙飛行士という目的を持つことにより何者かになっていく。
青春もののようにみえて、どんどん社会に取り込まれていく部分も描かれているのが好きです。

ラストの宇宙に対する思いとか。

“たった今、人間は初めて星の世界へ足を踏み入れました。
海や山がそうであったように
かつて神の領域だったこの空間も これからは人間の活動の舞台として
いつでも来れる、くだらない場所となるでしょう。

地上を汚し、空を汚し、更に、新しい土地を求めて、宇宙へ出て行く。
人類の領域は、どこまで広がることが、許されているのでしょうか?
どうか、この放送を聴いている人、お願いです。
どのような方法でも構いません。人間がここへ到達した事に感謝の祈りを捧げて下さい。

どうかお許しと哀れみを。

我々の進む先に暗闇を置かないで下さい。
罪深い歴史のその果てに、ゆるぎない1つの星を与えておいて下さい。”

> ガイナックスの本気度が伺えます。

> ただ、女の子の首の紐を引っ張ったり、雑にぽいっと放すシーンはちょっと…。丁寧に描かれてるからこそ、怖いなぁと思ってしまいました。どうやら小さい頃に観てたみたいで。

ここは雑だなぁ・・・と思いますね。

> でも、クライマックスの打ち上げはホントすごかったですね~。感動でウルウルきました。青春映画として、アニメを観ない人にも知ってほしい作品だと思います。
> ご紹介下さってありがとうございました♪

いえいえ、そう言って頂いて 良かったです。

多分、シロツグとリイクニ(ヒロイン)の人生はこれからも交差することはないんだろうな・・・と
思いながら見終わったのを思い出します。
by: きみやす * 2015/06/23 19:23 * URL [ 編集] | UP↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |

プロフィール

きみやす

Author:きみやす
ご訪問、ありがとうございます。

このブログは管理人である“きみやす”が
ひたすら、本やマンガの感想を
書き連ねていくブログです。

お手すきな時にでも
のぞいてみてください。

カテゴリー

最近の記事

ブログランキング

FC2ブログランキング

にほんブログ村 本ブログへ ランキングはこちらをクリック! BS blog Ranking 人気ブログランキングへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ブログランキングに参加しています。 よろしければ、ポチッとお願いします。

月別アーカイブ

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

最近のコメント

最近のトラックバック

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。