寄生獣 セイの格率 1話目観ました。

『寄生獣 セイの格率 1話目』観ました。

大多数の原作ファンと同じく、ものすごく心配というか、正直、否定的な精神状態で
観始めたのですが・・・
(ネタばれを多く含むことを予めお伝えしておきます)

最初に結論から。
1話目だけの感想とすると、頑張ったよなぁ・・・というのが正直な印象です。
(なんかエラそうですが・・・汗)

これだけ、人気のある作品をアニメ化するのには
相当な反発があるでしょうけども
原作と良い意味で違う作品になるのではと思いました。

まずは、タイトルの“確率”ではなく“格率”が分からなかったので
ネットで調べてみると
1 世間で広く認められている行為の基準。また、それを簡潔に表した言葉。格言。金言。処世訓。
2 《(ドイツ)Maxime》カント哲学で、行為の普遍的な道徳法則に対して、主観的にのみ妥当する実践的原則(規則)。
提供元:「デジタル大辞泉」
ここら辺から、すでに寄生生物と人間の差は何だという意図がすでに感じられます。
結局、寄生生物も、我々人間も生きる為に食べる行為をしなければいけないわけで。
その点では原作でも語られているように、一緒なんですよね。

ただ、万物の霊長とか言っていたのにもかかわらず
これから、(およそ、数億年ぶりぐらいに)捕食される側になる恐怖。
人間の普遍的価値観・寄生生物の価値感の差。

OP
空から降りてくる寄生生物たちの繭状の姿。
幾分憂い顔の村野。
同じく、少し猫背な新一。少し青というか白い画面。椿らしき花が綺麗。
村野と新一の間にガラスが割れるような描写。
暗闇の中からタイトル。
ミギー、一瞬登場。
濡れた新一の足元。
右手を宙に上げた新一。先ほどとは変わって赤色の不安をあおるような画面。
街も逆さの描写。(寄生生物の潜伏が始まった暗喩?)
群衆の中に居る寄生生物。
田宮 良子と(おそらく)田村 玲子の背中合わせの姿。
ここで、画面が変わり、寄生生物として変化した場合が見せられますが。
田宮良子は前半部の“2パターン以上”の姿。
田村玲子は後半の何かを守る為の姿がでているような気がします。

新一と島田らしき人物 目線は全く別。
新一と後藤。こちらも目線は全く別の方を向いています。
一瞬だけ多数の牙をもつ口が映る。
加奈らしき少女の登場。
そして、その姿が新一の母・信子の姿に変わる。
最後に顔に赤い線が入るのは・・・。
メインヒロイン・村野再度登場。
抱き合う新一と村野のシーン。
画面が変わり
新一が高い所から落ちている(降りている?シーン)
一瞬だけ、映る浦上の姿。
村野と裕子。(公式では立川裕子。新一・里美の同級生美術部員)
(おそらくは)広川と思しき男の姿。
2回映る後藤の姿。

ラスト・・・OPで不満があるとしたらここですね。
散々言われていたことだけどさ・・・
それは、OPで見せる必要性なかったような。
本編でのインパクトがかなり薄れたよな。

1話目は正直、ヤラレたってかんじでした。
多分、コミックス通りのあれ“地球上のだれかが・・・”を
やってから・・・と思っていた視聴者の前に
いきなり、バツン始まり(笑)。
絶対、既読者を驚かせる為に勝負にでたなぁ。

そこからミギーの侵入失敗シーンに
チョークもヤンキーからみもなし。
暴走車から少女を守る展開に?
ちょっと烈海王を思い出しました(笑)。

信子の描写が多いのも、後々の為か・・・
そして、いよいよ、ミギー登場。
・・・・うーん。
どうしても、新一よりも頭がよく冷静だったので
どちらかというと理知的な男性をイメージしてたんだが・・・
(鬼太郎と目玉のオヤジってセリフがあったし・・・)

実際、ミギーの声を聞いたことがある人間なんかいる訳ではないし。
(『ドラえもん』でも大山のぶ代さんの声を聞いた後に
藤子先生は「ドラえもんはこういう声だったんですね」っていったのは有名な話ですよね)

それよりもミギーの動きが気持ち悪いぐらい動くなぁ!!(褒め言葉)

『AKIRA』の鉄雄の暴走の時みたいで、細胞が同じ指を模倣しているのを思い出した。
ここでも、早くもテーマの提示あり
これからは、お互い協力しあい生きることだそれ以外に道はない

あと、虫がダメっていう設定の解消、早いですね。

おまえ、わずかだが混ざっているな”の伏線かな・・・

途中、電柱にミギーが巻きつくところは、『AKIRA』と『外道の書』を思い出しました。

一話目は犬との戦闘で終わりかと思いきや。

最後に3日前ということで“地球上のだれかが・・・”と
思ったら、早速、浦上登場。
(そんなにトばさないキャラクターだと思うんですけどね・・・)

さて、個人の快楽の為に人を殺す殺人鬼。
生きる為に人間を食う寄生生物。

どちらが凶悪と感じました?
スポンサーサイト

テーマ:感想 - ジャンル:アニメ・コミック

23 : 00 : 00 | 映画・アニメ・DVD・TV感想 | TB(0) | Comment(2) | UP↑

<<四月は君の嘘 第一話 | ホーム | ジャイアントロボ THE ANIMATION -地球が静止する日>>
コメント

いよいよ始まりましたね~。
ミギーの声はまあ後々慣れていくとして、原作をまだ読み始めた私としては、原作との違和感とか違いはぜんぜんわからなかったです(笑)
なので普通に見られるけども、観るアニメが多すぎた場合は切っちゃうかも。原作の方を先に読みたいし。

>タイトルの“確率”ではなく“格率”が分からなかったのでネットで調べてみると~ここら辺から、すでに寄生生物と人間の差は何だという意図がすでに感じられます。

おぉ、そういう意味だったんですか。
アニメ化するとテーマを濃縮?できるから、未読者に上手に原作のエッセンスを伝えてほしいですね~。
by: 宵乃 * 2014/10/10 07:14 * URL [ 編集] | UP↑

宵乃さん お疲れ様です!!

> いよいよ始まりましたね~。
始まりましたねぇ。

> ミギーの声はまあ後々慣れていくとして、原作をまだ読み始めた私としては、原作との違和感とか違いはぜんぜんわからなかったです(笑)

なんか、あの声だと、ちょっとハードな
『ドラえもん』とか『キテレツ大百科』みたいな同居人みたいな気がしました。

> なので普通に見られるけども、観るアニメが多すぎた場合は切っちゃうかも。原作の方を先に読みたいし。

そうですね。できれば原作を読まれてからでも遅くはないと思います。
あと、宜しければ、今のアニメでおススメがあったら教えてください~。
(実は教えていただいた『月刊少女野崎くん』を観たのですが、面白いですね!!1話目からやられました)

> アニメ化するとテーマを濃縮?できるから、未読者に上手に原作のエッセンスを伝えてほしいですね~。
ですね。良い意味で原作を踏襲しながら、新しい切り口を見つけて欲しいですね!!

それでは!!
by: きみやす * 2014/10/10 18:56 * URL [ 編集] | UP↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |

プロフィール

きみやす

Author:きみやす
ご訪問、ありがとうございます。

このブログは管理人である“きみやす”が
ひたすら、本やマンガの感想を
書き連ねていくブログです。

お手すきな時にでも
のぞいてみてください。

カテゴリー

最近の記事

ブログランキング

FC2ブログランキング

にほんブログ村 本ブログへ ランキングはこちらをクリック! BS blog Ranking 人気ブログランキングへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ブログランキングに参加しています。 よろしければ、ポチッとお願いします。

月別アーカイブ

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

最近のコメント

最近のトラックバック

QRコード

QR