ニセコイ 14巻

ニセコイ 14 (ジャンプコミックス)ニセコイ 14 (ジャンプコミックス)
(2014/10/03)
古味 直志

商品詳細を見る
ニセコイ 14巻」(感想
(著)古味 直志

あっはっは。
14巻でまた新しいヒロイン投入(もはや登場という感じすらない)ですよ。

この作品はもはや、著者が作品の土台となる
主人公がヤクザ組長である自分の父親から無用な抗争を避ける為に
敵対するギャングの娘と恋人のふりをする“ニセの恋人”を続けて行くというメインストーリーと
主人公が幼少期から持つ鍵穴のついたペンダントと鍵を持つヒロインたち
という二つの軸となるストーリーがあったはずなんですが(笑)

ここ、数巻ではその設定すらどうでもよくなって
メインヒロインである?はず?の?ギャングの娘よりも
その他のヒロインの描写に力をかけるのが
(逆に)おもしろかったのですが。

思い出したかのように
今回、新しく(最後の鍵を持つヒロインが登場してくれます)
もう、そのヒロインの設定のとんでもなさには
(・・・いや、それはいくらなんでも、詰め込み過ぎじゃあ・・・)と素人でも
・・・となるレベルでした。
設定を羅列するだけでもポルナレフのAAが貼れる勢いです(笑)

さあ、最後の四人(目)も現れ、主人公の心を射止めるのはだれなのか(棒読で)

・・・いやぁ。最後の四人って書くとやっぱり
カピタン・ディアマンティーナ・ブリゲッラ・ハーレクインを思い出すわ(笑)
どいつもこいつもアレだったけど。

そう考えると
アルレッキーノ・コロンビーヌ・パンタローネの最古の四人は、本当に最後持って行きましたよね。
本当に。

・・・カウントされなかった一人・ドットーレの散りざまも素晴らしくて
自動人形でありながら、
(ドットーレに)子供を殺されたルシールとの心理戦に巧妙に引きずり込まれ

ただ、力で破壊するのではなく、機械であるドットーレを
根本的に破壊(復讐)すること為に
ルシールはドットーレの精神的支柱であり・行動原理でもあり・自己の存在の根幹である
「フランシーヌ様への忠誠」を自ら破壊させるように仕向けることにより
機械でありながら、絶望を味あわすことに成功する。

すごいですよね。
機械に対して復讐する。
本来感情のないものに対して、感情の萌芽を自覚させ
その唯一のもの、最も大事なものをドッド―レ自ら貶めさせることにより、自壊に導く。
(上手く文章にできないのがくやしいのですが)

ここら辺は、やはりとんでもない作家さんだなぁ・・・と思います。

・・・って
何の話だっけ?コレ?
スポンサーサイト

テーマ:感想 - ジャンル:アニメ・コミック

20 : 00 : 00 | コミックス感想 | TB(0) | Comment(0) | UP↑

<<ジャイアントロボ THE ANIMATION -地球が静止する日 | ホーム | きっと可愛い女の子だから>>

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |

プロフィール

きみやす

Author:きみやす
ご訪問、ありがとうございます。

このブログは管理人である“きみやす”が
ひたすら、本やマンガの感想を
書き連ねていくブログです。

お手すきな時にでも
のぞいてみてください。

カテゴリー

最近の記事

ブログランキング

FC2ブログランキング

にほんブログ村 本ブログへ ランキングはこちらをクリック! BS blog Ranking 人気ブログランキングへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ブログランキングに参加しています。 よろしければ、ポチッとお願いします。

月別アーカイブ

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

最近のコメント

最近のトラックバック

QRコード

QR