ぼくらは夜にしか会わなかった

ぼくらは夜にしか会わなかった (祥伝社文庫)ぼくらは夜にしか会わなかった (祥伝社文庫)
(2014/07/24)
市川 拓司

商品詳細を見る
ぼくらは夜にしか会わなかった」(感想
(著)市川 拓司
天文台の赤道儀室で「幽霊」を見たと言う早川美沙子と、ぼくら級友は夜の雑木林へ出かけた。
だが「幽霊」は現れなかった。
彼女は目立ちたがり屋の嘘つきだと言われ、学校で浮いてしまう。
怯えながらぎこちなく微笑む彼女に、心の底から笑ってほしくてぼくはある嘘をついた―。(表題作)

短編集。
良くも悪くも、この著者らしい作品集でした。
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

20 : 30 : 00 | 本感想 | TB(0) | Comment(0) | UP↑

<<花物語 | ホーム | 残響のテロル 第六話>>

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |

プロフィール

きみやす

Author:きみやす
ご訪問、ありがとうございます。

このブログは管理人である“きみやす”が
ひたすら、本やマンガの感想を
書き連ねていくブログです。

お手すきな時にでも
のぞいてみてください。

カテゴリー

最近の記事

ブログランキング

FC2ブログランキング

にほんブログ村 本ブログへ ランキングはこちらをクリック! BS blog Ranking 人気ブログランキングへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ブログランキングに参加しています。 よろしければ、ポチッとお願いします。

月別アーカイブ

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

最近のコメント

最近のトラックバック

QRコード

QR