進撃の巨人 14巻

進撃の巨人(14) (講談社コミックス)進撃の巨人(14) (講談社コミックス)
(2014/08/08)
諫山 創

商品詳細を見る
進撃の巨人 14巻」(感想
ある人物からハンジに言われたセリフが、痛烈です。
話の内容も大きく変化しつつあります。

表紙にもある調査兵団の首脳部三人。

次巻予告でも、まだまだ、光明の見えない展開が待ち構えているようで・・・
どうなっていくのか、物語の収束に向かうのか。
読者を驚かせる伏線の回収があるのか。
この著者の場合、どちらもあり得そうで怖くもあり、楽しみでもあります。
はてさて。
スポンサーサイト

テーマ:感想 - ジャンル:アニメ・コミック

23 : 45 : 00 | コミックス感想 | TB(0) | Comment(2) | UP↑

<<ゆうやみ特攻隊 13巻 | ホーム | 青春の殺人者 デラックス版>>
コメント
巨人なし。
今巻ほど巨人が出てこなかった巻はないね。
人間すごいね。
やっぱりって感じに敵は収まるところに収まってきているなぁ。
とりあえず、とんでもなく賢い設定ハンジが
物語の説明不足、伏線繋ぎ係で
その予備が幼なじみの賢い彼かな。
死んじゃうのかな。
by: 時間城の主 * 2014/08/12 19:55 * URL [ 編集] | UP↑
はじめまして
時間城の主さん こんにちは はじめまして

(世代的に、時間城と聞くと機械伯爵が思い浮かぶ世代なもので・・・)

> 今巻ほど巨人が出てこなかった巻はないね。

そうですね。ただ、だからと言って作品の緊張感が損なわれる訳ではなく
より一層、困難さが増した。
“巨人(異物)と駆逐する”という内容から“人間(同胞)と戦わなければならない
・・・必要とあらば、拷問や囚人のジレンマを使って情報を引き出す”
新たな“戦争”の局面に入ったように感じました。

> 人間すごいね。

守るためとはいえ、情報統制を行い。他の恐怖で、中央集権国家を
作り出し、政府高官は自己の保身を図る。

> やっぱりって感じに敵は収まるところに収まってきているなぁ。

そんな感じですね。“人類最強の戦士”リヴァイの思わぬ苦戦と因縁。

> とりあえず、とんでもなく賢い設定ハンジが
> 物語の説明不足、伏線繋ぎ係で
> その予備が幼なじみの賢い彼かな。
> 死んじゃうのかな。

そうですね。「役割」についてあれだけ語られたあとだと
この後、ある程度作品を引っ張りったあと良くない最期が待っていそうですね。

コメントの方ありがとうございました!!
by: きみやす * 2014/08/13 15:06 * URL [ 編集] | UP↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |

プロフィール

きみやす

Author:きみやす
ご訪問、ありがとうございます。

このブログは管理人である“きみやす”が
ひたすら、本やマンガの感想を
書き連ねていくブログです。

お手すきな時にでも
のぞいてみてください。

カテゴリー

最近の記事

ブログランキング

FC2ブログランキング

にほんブログ村 本ブログへ ランキングはこちらをクリック! BS blog Ranking 人気ブログランキングへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ブログランキングに参加しています。 よろしければ、ポチッとお願いします。

月別アーカイブ

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

最近のコメント

最近のトラックバック

QRコード

QR