スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | UP↑

五色の舟・宝の嫁

五色の舟 (ビームコミックス)五色の舟 (ビームコミックス)
(2014/03/24)
近藤ようこ、津原泰水 他

商品詳細を見る

宝の嫁 (ビームコミックス)宝の嫁 (ビームコミックス)
(2014/04/23)
近藤 ようこ

商品詳細を見る

五色の舟・宝の嫁」(感想)
(著)近藤 ようこ

2冊同時発売。
『五色の舟』は先の見えない戦時にありながら、見世物小屋の一座として糊口をしのぐ、異形の者たちの家族がいた。
未来を言い当てるという怪物「くだん」を一座に加えようとする家族を待つ運命とはーー。
津原泰水の傑作幻想短編を、近藤ようこが奇跡の漫画化。

11 eleven11 eleven
(2011/06/16)
津原 泰水

商品詳細を見る

に収録されていたのですが。
なんか肌に合わず、こちらも中断中の本です。

近藤ようこ先生のお蔭でなんとか、読むことができ良かったです。
それにしても、「くだん」と聞くとやはり『くだんのはは』を思い出してしまいます。
最近、手に入り易いのは『霧が晴れた時』
霧が晴れた時 (角川ホラー文庫―自選恐怖小説集)霧が晴れた時 (角川ホラー文庫―自選恐怖小説集)
(1993/07)
小松 左京

商品詳細を見る


『宝の嫁』も宝をたっぷりつけるという条件で、器量の良くない娘を娶った、若く貧しい公家。
しかし、娘の荷物に宝はない。
娘は「わたしを愛しく思ってくだされば、宝は山のように出てきます」と言うのだが。

やはり、この辺はお手の物といってもいいかもしれません。
あとがきのユーモアのセンスは有名な高校の同級生・高橋留美子先生と似ている気がしました。
スポンサーサイト

テーマ:感想 - ジャンル:アニメ・コミック

20 : 00 : 00 | コミックス感想 | TB(0) | Comment(0) | UP↑

<<幻想ギネコクラシー 1巻 | ホーム | パレス・メイヂ 2巻>>

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |

プロフィール

きみやす

Author:きみやす
ご訪問、ありがとうございます。

このブログは管理人である“きみやす”が
ひたすら、本やマンガの感想を
書き連ねていくブログです。

お手すきな時にでも
のぞいてみてください。

カテゴリー

最近の記事

ブログランキング

FC2ブログランキング

にほんブログ村 本ブログへ ランキングはこちらをクリック! BS blog Ranking 人気ブログランキングへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ブログランキングに参加しています。 よろしければ、ポチッとお願いします。

月別アーカイブ

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

最近のコメント

最近のトラックバック

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。