スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | UP↑

ショーシャンクの空に

ショーシャンクの空に [DVD]ショーシャンクの空に [DVD]
(2004/03/25)
ティム・ロビンス、モーガン・フリーマン 他

商品詳細を見る

ショーシャンクの空に」(感想
(監督・脚本)フランク・ダラボン
(主演)ティム・ロビンス

内容の紹介の必要あるかな?という気すらする名作の一つ。
今回、再見したのは
リンクを貼らせて頂いている miriさんの『映画鑑賞の記録』の記事の一つ
ハリウッド 白熱教室 第一回「脚本」でこの作品が取り上げられていたからでした。

miriさんのまとめられた記事を印刷し、メモを起こしながら読みましたが
(元の記事はこちらです)
http://saisenseisuki.blog97.fc2.com/blog-entry-2238.html#comment5316

>「ショーシャンクの空に」
直線構造の中に、いくつかのお話が並行して進められる


確かにオーディオコメンタリーの部分でも、最初の場面をどうするのか等語られていましたし。
ブルックス・ヘイトレン(図書係)の顛末。
トミー・ウィリアムズの成長と“真実”そして、結末。それを起点に物語は別の方向に進んでいきます。

>「ショーシャンクの空に」では “更生” “リタ・ヘイワース” という言葉が
モチーフとなっている

“更生”という言葉の意味は
主人公・アンディの頼りになる友人“レッド”でよく使われます。

映画の序盤から仮釈放の審査の為、何度も“レッド”は聞かれます。
その時の対応が心がこもっていないのが誰にでも伝わってきます。

後半、再度“レッド”は更生の意味を問われます。
そこで出した、言葉は先ほどの二人・そして主人公・アンディとの交流によって
生まれたものだったのかもしれません。

“リタ・ヘイワース”に関しては原作のタイトルにも使われており

>隠喩
(幻想、イリュージョンではない)
 何か別のモノで ほのめかす事 
 意味を伝える
 明確にする

「ショーシャンクの空に」で「ギルダ」という映画が上映されるが、
その映画そのものを作品の中で映している意味は、
「ギルダ」という映画の内容が、アンディの運命に似ているから・・・
それが隠喩


ギルダはレンタル店に置いてなかったのですが
ネットで調べてみて、なるほどと思いました。

本当に、映画の見方が変わってきました。
貴重なことを教えていただきありがとうございました!!
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

20 : 00 : 00 | 映画・アニメ・DVD・TV感想 | TB(0) | Comment(6) | UP↑

<<カサブランカ | ホーム | クライング・ゲーム>>
コメント

すごいです~!勉強家ですね!!
「ショーシャンクの空に」は再見したいと思いつつ、観たい映画が多すぎてなかなか観られないでいます。
タイミングを逃さず、すぐに行動できるきみやすさんを見習わないと…。
内容もほとんど忘れているので、いろんな意味で前より感動できそうです。
by: 宵乃 * 2013/10/08 11:10 * URL [ 編集] | UP↑

宵乃さん こんにちは
> タイミングを逃さず、すぐに行動できるきみやすさんを見習わないと…。
いえいえ。そんな立派なものじゃないですよ。
単に、自分の欲望に忠実なだけです(←ダメ人間)

> 内容もほとんど忘れているので、いろんな意味で前より感動できそうです。

自分も、あれだけ観たのに忘れていることに驚きが(笑)
宵乃さんはお若いので、大丈夫ですよ。

あと、miriさんのお蔭ですごく、映画を観るのが楽しいですね。
by: きみやす * 2013/10/08 15:33 * URL [ 編集] | UP↑
こんばんは☆
先ほどはコメントを頂き、有難うございました☆

>リンクを貼らせて頂いている miriさんの『映画鑑賞の記録』の記事の一つ
>ハリウッド 白熱教室 第一回「脚本」でこの作品が取り上げられていたからでした。

この記事を書いて下さり、有難うございます☆

>miriさんのまとめられた記事を印刷し、メモを起こしながら読みましたが

いや~もう大感激です!!!
有難くって、涙が出ます☆

>確かにオーディオコメンタリーの部分でも、最初の場面をどうするのか等語られていましたし。
>ブルックス・ヘイトレン(図書係)の顛末。
>トミー・ウィリアムズの成長と“真実”そして、結末。それを起点に物語は別の方向に進んでいきます。

私の記事には 全部は書かなかったのですが、
キャスパー先生は「この作品の主人公は4人」と仰り、

ズバリ、アンデイとレッドの他に、
この2人のエピソードを語っていらっしゃいます。
もう、マジ、きみやすさん、すごい(キャスパー先生の)生徒です~!!!

>“更生”という言葉の意味は
>主人公・アンディの頼りになる友人“レッド”でよく使われます。
>映画の序盤から仮釈放の審査の為、何度も“レッド”は聞かれます。
>その時の対応が心がこもっていないのが誰にでも伝わってきます。
>後半、再度“レッド”は更生の意味を問われます。
>そこで出した、言葉は先ほどの二人・そして主人公・アンディとの交流によって
>生まれたものだったのかもしれません。

そうなんです、それも記事には書かなかったけど、
先生は、何回も出てくる「更生」の言葉とレッドと、
最後に聞かれるときの反応・・・それを強く仰っていました☆

>“リタ・ヘイワース”に関しては原作のタイトルにも使われており
>ギルダはレンタル店に置いてなかったのですが
>ネットで調べてみて、なるほどと思いました。

その件も、記事には書かなかったけど、どういう内容かハッキリと仰っていました。
古い映画で、生徒は(60歳代のような人も)ほぼ誰も見ていませんでした。

先生が仰って、私が書かなかった事を、きみやすさんは、
ご自身の眼でハッキリと確認されたのですね♪
素晴らしい!!!

>本当に、映画の見方が変わってきました。
>貴重なことを教えていただきありがとうございました!!

こちらこそ、早速ご鑑賞いただき、感激でいっぱいです☆
(私ではなく)キャスパー先生のお言葉を、シッカリととらえられ
ご自身のモノにされたきみやすさんを、ご尊敬申し上げます。

そして私の記事が少しでも、キャスパー先生の講義を
お伝えできたのなら、お役に立てたのなら、本当に幸いです。


****************


・・・実は、昨日、夕方にかなり落ち込む出来事があって
イライラしていたのですが、携帯でこの記事を読ませて頂いて、
なんというか・・・心があったかくなって、
自分でそんな事で落ち込むのは馬鹿らしいとも思えて、
両方で、立ち直りました。

きみやすさんには そんなおつもりは なかったのだと思いますが、
私的には、いろんな事が つながっているように思えて・・・
本当に嬉しかったのです☆
有難うございました(ペコリ)。


.
by: miri * 2013/10/08 18:54 * URL [ 編集] | UP↑
こちらの方こそありがとうございました。
miriさん こんばんは!!

> 有難くって、涙が出ます☆

いえいえ。こちらのほうこそありがたいお言葉です。
本当に、映画の見方というものが少しわかった気がして
何度も観たはずの作品なのに
見落としがこんなにあるんだなぁ・・・
逆に楽しくなってきました。

> そして私の記事が少しでも、キャスパー先生の講義を
> お伝えできたのなら、お役に立てたのなら、本当に幸いです。

いえいえ。こちらの方が、本当にお礼を言いたいです。
ありがとうございました。
by: きみやす * 2013/10/08 19:48 * URL [ 編集] | UP↑

こちらもお邪魔します♪
そういえば「白熱教室」で取り上げられていたと言ってましたね。…実は5月に再放送があると喜んでいたところなんですが、「ショーシャンク」を観るタイミングを間違えたかも(汗)

でも、今miriさんの記事を読み返したら、あれはそういう意味を持っていたのかと考えさせられました。ホント、映画って少し見方を変えるとガラッと変わったり、深みが増します!

>そこで出した、言葉は先ほどの二人・そして主人公・アンディとの交流によって生まれたものだったのかもしれません。

冤罪は不幸だけど、アンディがこなかったらレッドは一生希望を見出せなかったかもしれないんですよね…。ますますラストの再会が輝いて感じられます。
by: 宵乃 * 2015/04/27 12:02 * URL [ 編集] | UP↑

> こちらもお邪魔します♪

宵乃さん こんばんは!!
> そういえば「白熱教室」で取り上げられていたと言ってましたね。…実は5月に再放送があると喜んでいたところなんですが、「ショーシャンク」を観るタイミングを間違えたかも(汗)

> でも、今miriさんの記事を読み返したら、あれはそういう意味を持っていたのかと考えさせられました。ホント、映画って少し見方を変えるとガラッと変わったり、深みが増します!

> >そこで出した、言葉は先ほどの二人・そして主人公・アンディとの交流によって生まれたものだったのかもしれません。

> 冤罪は不幸だけど、アンディがこなかったらレッドは一生希望を見出せなかったかもしれないんですよね…。ますますラストの再会が輝いて感じられます。

そうですよね~!!単純に“更生”そのものが難しいか、
物凄く時間がかかったと思います。
by: きみやす * 2015/04/27 20:05 * URL [ 編集] | UP↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |

プロフィール

きみやす

Author:きみやす
ご訪問、ありがとうございます。

このブログは管理人である“きみやす”が
ひたすら、本やマンガの感想を
書き連ねていくブログです。

お手すきな時にでも
のぞいてみてください。

カテゴリー

最近の記事

ブログランキング

FC2ブログランキング

にほんブログ村 本ブログへ ランキングはこちらをクリック! BS blog Ranking 人気ブログランキングへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ブログランキングに参加しています。 よろしければ、ポチッとお願いします。

月別アーカイブ

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

最近のコメント

最近のトラックバック

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。