ティファニーで朝食を

ティファニーで朝食を (新潮文庫)ティファニーで朝食を (新潮文庫)
(2008/11/27)
トルーマン カポーティ

商品詳細を見る
ティファニーで朝食を」(感想)
(著)トルーマン カポーティ
(翻訳)村上 春樹

第二次大戦下のニューヨークで、
社交界を自在に泳ぐ新人女優・ホリー・ゴライトリー。
小説家志望の“僕”の部屋の呼び鈴を、夜更けに鳴らしたのは他ならぬ彼女だった。

今月の読書ログの課題図書はこの本でした。
本棚からカポーティの『冷血』や
『遠い声 遠い部屋』『草の竪琴』はすぐに見つかったのだけど
この本だけ、見つからない。

正直、以前の龍口直太郎氏訳を読んで、さほど印象に残っていない。
あまり、ヒロインであるホリーに興味がもてず
よく分からなかったという記憶しかない。
それよりは『ダイアモンドのギター』や『クリスマスの思い出』の方が
印象が強かった。

今回、村上春樹版で読み返してみて
ラストの余韻も含め
「あー、そういう意味だったのか」という部分が非常に多く
ようやく、この作品に近づけたような気がします。

そして、翻訳者が変わっても
変わらず、鮮烈な印象を残す『ダイアモンドのギター』のラスト。
幸せと悲しみが押し付けがましくない
絶妙ともいえる配合で創り出された作品『クリスマスの思い出』が
やはり良いです。

あとは訳者あとがきというもので
寓話の必要性・イノセンスの喪失・再獲得(可能か否かは別として)
小説家の視点からも、すべて語られているので
それだけでも、読む価値があるかと思います。
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

20 : 00 : 00 | 本感想 | TB(0) | Comment(0) | UP↑

<<周辺雑記 82 | ホーム | いま集合的無意識を、>>

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |

プロフィール

きみやす

Author:きみやす
ご訪問、ありがとうございます。

このブログは管理人である“きみやす”が
ひたすら、本やマンガの感想を
書き連ねていくブログです。

お手すきな時にでも
のぞいてみてください。

カテゴリー

最近の記事

ブログランキング

FC2ブログランキング

にほんブログ村 本ブログへ ランキングはこちらをクリック! BS blog Ranking 人気ブログランキングへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ブログランキングに参加しています。 よろしければ、ポチッとお願いします。

月別アーカイブ

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

最近のコメント

最近のトラックバック

QRコード

QR