いま集合的無意識を、

いま集合的無意識を、 (ハヤカワ文庫JA)いま集合的無意識を、 (ハヤカワ文庫JA)
(2012/03/09)
神林 長平

商品詳細を見る

いま集合的無意識を、」 (感想)
(著)神林 長平

30年以上SFを書いてきたぼくは、第一線をはなれたような気分になっていた・・・・・・
ベテラン作家が、伊藤計劃『ハーモニー』と3・11後のフィクションの可能性を考察する表題作、
深井零がパーソナルなコンピュータを追い求めた記憶を 語る《戦闘妖精・雪風》シリーズのスピンオフ「ぼくの、マシン」、
多世界解釈を巡る異色スペースオペラ「かくも無数の悲鳴」など、
変遷し続けるコミュニケーションの様相を切り取った全6篇を収録。

再読。
表題作もやっぱり凄いな~と感心するのですが
それ以上に『ぼくの、マシン』の
ネットと接続しない本当にスタンドアローン型のパーソナル・コンピュータを
求める気持ちは世代的な懐かしさを含め。
様々な事を思い出させてくれます。

もちろん、戦闘妖精・雪風の根本的な命題である
機械知と人間の齟齬。
その人間の中でも孤立(まさしくスタンドアローン)している主人公・深井零の姿が
皮肉に浮かび上がります。
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

22 : 00 : 00 | 本感想 | TB(0) | Comment(2) | UP↑

<<ティファニーで朝食を | ホーム | オールラウンダー廻 12巻>>
コメント

「ぼくの、マシン」は大森望先生がアンソロジーの表題作にしていたので、読んでみたいと思っていました。今の世代は、PCはネットにつながってて当たり前と思っていることで、ジェネレーションギャップ感じます。

ところでOVAの雪風、零の声は今話題の「倍プッシュだ!」の人だったんだ(TV観てないんで、ちょっと違うかも)。
by: 大熊(略) * 2013/10/02 12:11 * URL [ 編集] | UP↑

こんばんは
> 「ぼくの、マシン」は大森望先生がアンソロジーの表題作にしていたので、読んでみたいと思っていました。今の世代は、PCはネットにつながってて当たり前と思っていることで、ジェネレーションギャップ感じます。

あっはっは。
ベーマガとかでプログラムを入れていた世代からすると
こんなにネットが発展するなんて
隔世の感とはまさにこのことですね~。

認めたくないけど、悲しくなるじゃん(笑)

まぁ、自作PCを作っている人なんかは
このタイトルの意味が実感をもっと感じる気がします。

> ところでOVAの雪風、零の声は今話題の「倍プッシュだ!」の人だったんだ(TV観てないんで、ちょっと違うかも)。

その時 きみやすに電流走る・・・!!
お兄さん・・・(小声で)倍返しだよ。倍返し。
倍プッシュは『アカギ』だよ~(笑)
by: きみやす * 2013/10/02 21:29 * URL [ 編集] | UP↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |

プロフィール

きみやす

Author:きみやす
ご訪問、ありがとうございます。

このブログは管理人である“きみやす”が
ひたすら、本やマンガの感想を
書き連ねていくブログです。

お手すきな時にでも
のぞいてみてください。

カテゴリー

最近の記事

ブログランキング

FC2ブログランキング

にほんブログ村 本ブログへ ランキングはこちらをクリック! BS blog Ranking 人気ブログランキングへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ブログランキングに参加しています。 よろしければ、ポチッとお願いします。

月別アーカイブ

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

最近のコメント

最近のトラックバック

QRコード

QR