こんなにも優しい、世界の終わりかた

こんなにも優しい、世界の終わりかたこんなにも優しい、世界の終わりかた
(2013/08/22)
市川 拓司

商品詳細を見る

こんなにも優しい、世界の終わりかた」(感想
(著)市川 拓司

――もとより、ぼくらに残された時間なんてそんなになかったってことに。

青い光――地上にそれが降り始めた日から、世界が終わり始めた。
ひとも獣も、鳥も木も、土も水も、すべてが青く染まり、動きを止めた。

「ぼく」は世界が終わる前に「彼女」のもとへと旅立った。
最後の電話で、彼女は怯えていた。

「お母さんの具合がすごく悪い」そして「もう、町には誰もいない」。
ぼくは、ならば「ぼくがそこに行くよ」と彼女に約束した。

彼女の住む町まで直線距離で500キロ。
青い光を逃れ、ぼくは彼女に会うことができるだろうか。

書店で見かけたとき、思ったのは
「・・・まった、ベタなタイトルだなぁ」ということでした。
直球すぎるわ、と思いながらも購入(笑)。

正直、作品内容もいつもの市川作品と変わりません。
不器用で内気すぎる「ぼく」
それを理解し、受け入れる「彼女」
そして、「ぼく」のことを理解してくれる「親友」

優しすぎる程、優しい世界。
ただ、以前の作品以上に著者の本気具合といいますか。
照れも外聞も気にせず、本気で作品世界の“優しさ”を信じている
その気合というものこっちの予想を遥かに越えているので
読みながら、次第に負けていく(?)自分を感じました。

優しいけれでも、弱くはない。
変な強度を持ったこの作品は
できれば、誰もいない部屋で読まれることをお勧めします。

(胸の奥やら、涙腺やら、色んなところを刺激するので)
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

20 : 00 : 00 | 本感想 | TB(0) | Comment(0) | UP↑

<<てのひらの宇宙 (星雲賞短編SF傑作選) | ホーム | もう一枝あれかし>>

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |

プロフィール

きみやす

Author:きみやす
ご訪問、ありがとうございます。

このブログは管理人である“きみやす”が
ひたすら、本やマンガの感想を
書き連ねていくブログです。

お手すきな時にでも
のぞいてみてください。

カテゴリー

最近の記事

ブログランキング

FC2ブログランキング

にほんブログ村 本ブログへ ランキングはこちらをクリック! BS blog Ranking 人気ブログランキングへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ブログランキングに参加しています。 よろしければ、ポチッとお願いします。

月別アーカイブ

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

最近のコメント

最近のトラックバック

QRコード

QR