スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | UP↑

千載和歌集

千載和歌集 (岩波文庫)千載和歌集 (岩波文庫)
(1986/04/16)
久保田 淳

商品詳細を見る

千載和歌集」(感想
(校注)久保田 淳
(編者)藤原 俊成

ようやく、読み終わりました。1288歌。
最初、黙読していたのですが

口に出して読まないと言葉のリズムが分からないので
ぶつぶつと呟くように読んでいました。

和歌に詳しい訳でもないので
最初は戸惑いましたが
下段の解説もあり、どんどん、読み進めていくことが出来ました。

ただ、高校の頃、もっと古典をしっかりやっとけば良かった。
と改めて思いました。

春、夏、秋、冬、離別歌、恋歌を含め
すこしづつ読んでいると、自分の心に触れるものと
そうでないものがあったり

七~八百年以上前の歌人たちの言葉。
人間の持つ感情の普遍性に、正直ぐっと来るものがありました。
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

20 : 30 : 00 | 本感想 | TB(0) | Comment(0) | UP↑

<<疾風伝説 特攻の拓 外伝 ~Early Day's~ 5巻 | ホーム | 11・サントラ等>>

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |

プロフィール

きみやす

Author:きみやす
ご訪問、ありがとうございます。

このブログは管理人である“きみやす”が
ひたすら、本やマンガの感想を
書き連ねていくブログです。

お手すきな時にでも
のぞいてみてください。

カテゴリー

最近の記事

ブログランキング

FC2ブログランキング

にほんブログ村 本ブログへ ランキングはこちらをクリック! BS blog Ranking 人気ブログランキングへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ブログランキングに参加しています。 よろしければ、ポチッとお願いします。

月別アーカイブ

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

最近のコメント

最近のトラックバック

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。