宰領―隠蔽捜査5

宰領: 隠蔽捜査5宰領: 隠蔽捜査5
(2013/06/28)
今野 敏

商品詳細を見る

宰領―隠蔽捜査5」 (感想
(著)今野 敏

大森署管内で国会議員が失踪した。
やがて発見された運転手の遺体、犯人と名乗る男からの脅迫電話。
舞台は横須賀へ移り、
警視庁の“宿敵”神奈川県警との合同捜査を竜崎が指揮することに。
県警との確執、迷走する捜査、そして家庭でも予期せぬトラブルが……
竜崎は今回も難問をどう解決するのか?

宰領:(多くの人を) 監督すること。取りしきること。

今回も、筆がのっているというのか
竜崎という登場人物がもうすでに確立し
彼の融通のきかなさに読者としては
微笑ましさすら感じてしまいます。

今回も(笑)竜崎の家族の問題が生じますが

その対応の不器用さすら
家族みんなが理解してくれているところも
シリーズを読んでいる醍醐味の一つだと思います。

今回は、警察小説としての読み応えもたっぷりで

あとは後半の同期キャリア・伊丹とのやりとりも
ほっとしています。

前回も書きましたが
改めて、このシリーズの起点である息子・邦彦の成長が
より感じられて嬉しい限りです。

あとは強く印象に残った文章は
どんな環境であろうと、戦いをやめるわけにいかないのだ。
日本の未来を憂える人たちがいる。
日本人はだめになったと、二言目には言う連中もいる。
そういう人々に、この寒空の下、戦い続けている若い警察官
消防士、海上保安庁の保安官、そして自衛官たちの姿を見せてやりたい。
 悪い面だけ見てむやみに批判的になったり、虚無的になったり
あるいは冷笑的になる人々を竜崎は心から軽蔑していた。
そういう連中に限って、自分では何もしていないのだ。
 日本の未来なんて、どうなるかわからない。
だが、この日本のどこかから、日夜努力を続ける若者達が生まれ続けているのも
事実なのだ


耳が痛いですね。
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

20 : 00 : 00 | 本感想 | TB(0) | Comment(0) | UP↑

<<教場 | ホーム | Arknoah 1 僕のつくった怪物>>

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |

プロフィール

きみやす

Author:きみやす
ご訪問、ありがとうございます。

このブログは管理人である“きみやす”が
ひたすら、本やマンガの感想を
書き連ねていくブログです。

お手すきな時にでも
のぞいてみてください。

カテゴリー

最近の記事

ブログランキング

FC2ブログランキング

にほんブログ村 本ブログへ ランキングはこちらをクリック! BS blog Ranking 人気ブログランキングへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ブログランキングに参加しています。 よろしければ、ポチッとお願いします。

月別アーカイブ

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

最近のコメント

最近のトラックバック

QRコード

QR