BUTTER!!! 5~6巻

BUTTER!!!(5) (アフタヌーンKC)BUTTER!!!(5) (アフタヌーンKC)
(2012/10/23)
ヤマシタ トモコ

商品詳細を見る
BUTTER!!!(6)<完> (BUTTER!!! (6))BUTTER!!!(6)<完> (BUTTER!!! (6))
(2013/05/23)
ヤマシタ トモコ

商品詳細を見る
BUTTER!!! 5~6巻」(感想
(著)ヤマシタ トモコ
※スマフォでは表示に異常がでるのは何でだろう???

社交ダンス部青春マンガも完結へ。

ラストの新歓部活紹介の公演が凄く良くて。
『アフタヌーン』連載時も何回も読んだのですが

いじめられた過去を持つ端場が首謀者である村谷に対して
立ち向かうシーン。
村谷 「きみみたいなやつ 嫌うのに
わざわざ理由とか ないっしょ?


端場 「だからそういう 俯瞰した気になってんのを
一生やんのかって 言ってんだよ!!


各々屈託を持っていた登場人物たち
オタクで、卑屈な面と相反して“リア充”に対しての強い怒りを持つ、端場。

明るく、元気な(少し思慮が足りない・・・ともいえる)女の子で
(無意識で)自分が“場”の中心でないとイヤだという自分に徐々気がつく、荻野目。

身長高く、イケメンで、過去グレていた実の兄と確執からか
周囲の人たちとの衝突を好まず“流す”傾向の強い、掛井。

身長が高いことがコンプレックスで、猫背になりがちな女の子で
自己主張もあまり得意ではない、柘。

(二年生は割愛しますが・・・)

ちゃんと部活動を通して成長して“仲間”になっているのに素直に感動。

あと、悪びれない村谷に顧問の鬼田先生が
口にする言葉。
・・・他人やら 世の中やら ナメてんなよ
・・・・・・そうやって ナメた態度とってる限りな
・・・いいコトなんか 何にも巡って
こないんだよ きみには

どれも、心に響きます。

この作品の気に入っているところは
主人公たちのリアルな痛み、めんどくささ。
思春期だからこその、自分でももてあます自意識のようなものを
上手く、マンガとして読ませてくれるところだったり。

教師を含め大人たちも
彼らに対して、都合よく優しくもなく
きちんと、厳しかったり
決して、大人になったからと言ってすべての問題を解決する“力”を
持つわけでもない。
本当に“フツー”の大人たちなんですよね。

子供の頃、大人になればもっと自由に生きられると思っていました。
砂を噛むような、(ガキの)無力感からも開放されるのだと。

確かに、僅かばかりの金をようやく稼ぎ
税金を納め、それなりの大人になったようなフリが出来るようになり

年齢を経ていくと嫌な経験も、良い経験も得ることができ
少々、世の中のことが分かったような気になりました。

ただ、大人でも解決できないものはあり
やはり無力感にぶち当たることも実は多いけども
なんとか、えっちらおっちらやっていくしかないことを
分かっているだけの存在だと気がつかされてくれる作品です。

おすすめです。
スポンサーサイト

テーマ:感想 - ジャンル:アニメ・コミック

20 : 50 : 00 | コミックス感想 | TB(0) | Comment(0) | UP↑

<<マージナル・オペレーション 1~3巻 | ホーム | デッドマン・ワンダーランド 12巻>>

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |

プロフィール

きみやす

Author:きみやす
ご訪問、ありがとうございます。

このブログは管理人である“きみやす”が
ひたすら、本やマンガの感想を
書き連ねていくブログです。

お手すきな時にでも
のぞいてみてください。

カテゴリー

最近の記事

ブログランキング

FC2ブログランキング

にほんブログ村 本ブログへ ランキングはこちらをクリック! BS blog Ranking 人気ブログランキングへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ブログランキングに参加しています。 よろしければ、ポチッとお願いします。

月別アーカイブ

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

最近のコメント

最近のトラックバック

QRコード

QR