スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | UP↑

ドリフターズ 3巻

ドリフターズ 3 (ヤングキングコミックス)ドリフターズ 3 (ヤングキングコミックス)
(2013/03/18)
平野 耕太

商品詳細を見る

ドリフターズ 3巻」(感想
(著)平野 耕太

やっぱり、いいねぇ。
ヒラコー脳内SLGマンガの3巻目です。

島津豊久、織田信長、那須与一たち漂流者(ドリフターズ)は
エルフの解放のあと、同じく自由を奪われた“ドワーフ”たちの解放に向かう。
彼らの治金技術を使い、銃の生産を目論む織田信長。

そして、彼らと対立する廃棄物たちの王“黒王”も
巨大な竜の一匹を臣下に治め
圧倒的な能力の一端を披露しますが・・・

同時に(石化?)のような描写もあり
きちんと、敵の能力にも制限を加えているところが
「上手いなぁ」と。

こういう作品のバランスって本当に、難しいので。
どう見せ場を作り、どう勝たせるか、どう負けさせるか。
双方、納得の行く形をとらなければ、白けてしまう。
そこら辺のバランス感覚は見事だと思います。

人類廃滅と同時に
化物たちの原始農耕化・統一宗教での教化・文字を与え
文明化を進める。

いわば、“黒王軍”が化物たちに“秩序”を与え
主人公たちは国獲りの過程と
その世界とは異なる思考の跳躍“混乱”を起こしつつあります。

あとは、桔梗紋を持って、竹槍に刺された武将も登場し
当分、楽しめそうな感じです。

(まぁ、彼が出てきたということは
未完の『大同人物語』の再開はないということでしょうね・・・・
それだけが残念です。)
スポンサーサイト

テーマ:感想 - ジャンル:アニメ・コミック

20 : 00 : 00 | コミックス感想 | TB(0) | Comment(0) | UP↑

<<はじまりは国芳―江戸スピリットのゆくえ | ホーム | ロスト・ケア>>

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |

プロフィール

きみやす

Author:きみやす
ご訪問、ありがとうございます。

このブログは管理人である“きみやす”が
ひたすら、本やマンガの感想を
書き連ねていくブログです。

お手すきな時にでも
のぞいてみてください。

カテゴリー

最近の記事

ブログランキング

FC2ブログランキング

にほんブログ村 本ブログへ ランキングはこちらをクリック! BS blog Ranking 人気ブログランキングへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ブログランキングに参加しています。 よろしければ、ポチッとお願いします。

月別アーカイブ

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

最近のコメント

最近のトラックバック

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。