ビブリア古書堂の事件手帖 4巻

ビブリア古書堂の事件手帖4 ~栞子さんと二つの顔~ (メディアワークス文庫)ビブリア古書堂の事件手帖4 ~栞子さんと二つの顔~ (メディアワークス文庫)
(2013/02/22)
三上延

商品詳細を見る

ビブリア古書堂の事件手帖 4巻
(著)三上 延

鎌倉の片隅でひっそりと営業をしている古本屋「ビブリア古書堂」。
そこの店主で並み大抵でない古書の知識と
ひらめきを併せ持つ篠川栞子。
そして、そこのアルバイトで、彼女に惹かれている語り手・五浦大輔。

今回は江戸川乱歩の膨大なコレクション。それを譲る代わりに
ある人物が残した精巧な金庫を開けてほしいと持ち主に依頼される。
そして、その謎は栞子の母も呼び寄せ
謎解きは二人の知恵比べの様相を呈していくのだが・・・

今回はいよいよヒロインの対立者である“母親”が登場してきます。
いささか、やり過ぎ(笑)な感じもありますが
見せ方も上手いし期待が高まります。

そして、今回の題材は乱歩作品
『パノラマ島奇譚』『孤島の鬼』『人間椅子』『大金塊』
『二銭銅貨』『D坂の殺人事件』『押絵の旅する男』等々

各章のタイトルだけでなく色々な意味で
乱歩作品の敬意と愛情が感じられ
楽しませてもらいました。
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

20 : 00 : 00 | 本感想 | TB(0) | Comment(2) | UP↑

<<歌行燈・高野聖 | ホーム | 大江戸釣客伝>>
コメント
きみやすさん、こんばんは
日本のドラマは一切観ないのですが(^^;
ドラマ化された原作はそれなりに気になっています。
(でも結局どれも読んだことはないのですが・・・。)

乱歩さんが好きなので、
ちょっとおもしろそうだなぁと思いました。
でも、やっぱり一から読むべきですよね。
うむむ、おもしろい本がいっぱいで迷ってしまいます。
とりあえず「パヒューム」の原作から読んでみます。
by: マミイ * 2013/03/02 22:42 * URL [ 編集] | UP↑

マミイさん こんばんは

> 乱歩さんが好きなので、
> ちょっとおもしろそうだなぁと思いました。
> でも、やっぱり一から読むべきですよね。

そうですね~。どちらかと言うとあんまり派手さのない作品なので
こんなにTVドラマ化等されているのは、正直不思議な感じがします。
まぁ、お気が向いたら読まれてみてください。

> とりあえず「パヒューム」の原作から読んでみます。

個人的に、マミイさんには一押しなのはあの作品です。
映画を観ていても(内容がわかっていてもあのラストの為に)
何回か読み返した作品なので・・・

コメントありがとうございました。
ちなみに
マミイさんの記事を読んで今、『はてしない物語』を再読中です。
やっぱり、面白いですね~。
by: きみやす * 2013/03/03 21:02 * URL [ 編集] | UP↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |

プロフィール

きみやす

Author:きみやす
ご訪問、ありがとうございます。

このブログは管理人である“きみやす”が
ひたすら、本やマンガの感想を
書き連ねていくブログです。

お手すきな時にでも
のぞいてみてください。

カテゴリー

最近の記事

ブログランキング

FC2ブログランキング

にほんブログ村 本ブログへ ランキングはこちらをクリック! BS blog Ranking 人気ブログランキングへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ブログランキングに参加しています。 よろしければ、ポチッとお願いします。

月別アーカイブ

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

最近のコメント

最近のトラックバック

QRコード

QR