日本をダメにしたB層の研究

日本をダメにしたB層の研究日本をダメにしたB層の研究
(2012/10/19)
適菜 収

商品詳細を見る

日本をダメにしたB層の研究」(感想)
(著)適菜 収

B層=B層とは、グローバリズム、改革、維新といったキーワードに惹きつけられる層。
あらゆることに「参加」したがり、「コスパ」という言葉を愛し
社会の「幼児化」を進めている人々。
近代において発生した「大衆」の最終的な姿。
―なぜ日本人は「参加」したがるのか。

これは先の取引先さん(息子さんではなく、本人さん)から借りたものです。

うーん、結局は自分もB層には属するだろうなと思います。
(先の選挙でも民主党には入れていないけども・・・)
まずは、最初、B層用語辞典から
“民意を問う”=政治を放棄すること

基本的には言い切りの強さが目立ちます。
“国民は成熟しない”

“啓蒙活動を続ければ、そのうち、B層が悔い改めてきちんとした選択を
 するようになるのでしょうか?
 これは根拠のない未来信仰、責任逃れのロジックにすぎません。
 現在の問題は現在において処理すべきです。
 そもそも成熟しないから、悔い改めないからB層なのです。
 間違った選択しても、責任転嫁の上、自己正当化します。”

“政治家は有権者の御用聞きではありません
 政治家がやるべき仕事はただ一つ。議会で議論することです。
 移ろいやすい民意、熱しやすい世論から距離を置き、
 過去と未来に責任を持ち、冷静な判断を下すことです。”

“新しいものはたいてい「嘘」”
“今、やらなければならないことはなにか?
 それは先人の言葉を振り返ることです。
 使い古された言葉を、愚直に何度も繰り返すことです。
 危機に直面したら、先人に問うこと。
 歴史はつねに同じことが繰り返されているからです。”

“大事なことは「新しく」見えるものを警戒することです。
 旧態依然としたデマゴーグが、新しい衣装を身にまとい、
 威信だ革命だのと騒いでいるのが現在のB層社会です。
 小手先の「改革」は病状を深めるだけです。”

巻末の2005年からの“B層おバカ年表”では
(皮肉を効かせた選択で)日本という国の迷走ぶりが
明らかになります。

内容のすべてを首肯する訳ではありませんが
一読の価値はあるかと思います。
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

09 : 00 : 00 | 本感想 | TB(0) | Comment(0) | UP↑

<<湿地 | ホーム | 神さまの言うとおり 1~4巻>>

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |

プロフィール

きみやす

Author:きみやす
ご訪問、ありがとうございます。

このブログは管理人である“きみやす”が
ひたすら、本やマンガの感想を
書き連ねていくブログです。

お手すきな時にでも
のぞいてみてください。

カテゴリー

最近の記事

ブログランキング

FC2ブログランキング

にほんブログ村 本ブログへ ランキングはこちらをクリック! BS blog Ranking 人気ブログランキングへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ブログランキングに参加しています。 よろしければ、ポチッとお願いします。

月別アーカイブ

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

最近のコメント

最近のトラックバック

QRコード

QR